寄生虫博物館

これは、行かなくてはいけない。と思ったのが目黒にある寄生虫博物館。

遅れての報告だが、先週の週末に行って来た。

寄生虫というと気持ち悪いというイメージかないかもしれないが、生命のしたたかさというか、生きることに対する執念がひしひしと伝わってきて、世の中のワンダフルさを実感するのである。

例えば、ハリガネムシはカマキリに寄生するが、

ぼうふらに寄生→やごがぼうふらを食べるので、やごに引越し→やごがトンボになって水から出る→カマキリがトンボを食べるのでカマキリに引越し(最終宿主)→ハリガネムシのいるカマキリはなぜか水辺に行きたくなり、水辺に行くとかまきりの腹を破って水に戻って子供を生む。

水から出て水まで戻るのに大冒険である。

アドベンチャーといえば、ウミガメについている寄生虫もすごい。ウミガメについた寄生虫は何千キロもの距離を移動できるのである。

素晴らしき自然界。

b0019208_2251152.jpg


b0019208_23142622.jpg
b0019208_23152972.jpg

[PR]
by dubian2.4 | 2008-12-13 23:13 | 日本
<< 楽しくがんばれ ドッグラン >>