ブロイラーな人たち

外国の方と仕事をしていると、たまにこういうことを聞かれる。

「日本の大企業の人たちは、昼になるとチャイムとともに飯を食べに行くというのは本当か。」

彼らにとってみると、ホワイトカラーのしかも大企業の人間が、なぜ昼飯を食べる時間ぐらい自分でコントロールしないのか、不思議なのだろう。

事実、私の会社では日本では昼になるとチャイムがなっていた。

チャイムとともに仕事を停止し、皆で社員食堂になだれ込む。次々と出されるご飯に列を作り、食べ終わったものから仕事場へ帰るその姿を入社当時に見てかなりショックを受けた。

その姿は、まるで養鶏所のトリが集団で黙々とえさをたべるその姿にそっくりだったのだ。

先日NEWSWEEKを読んでいると、同じ話題が出ていて驚いた。そこには、「日本のビジネスマンはチャイムがなると食事に行く。このような習慣を持つ日系企業を果たして欧米の企業は買収してたとしても、どこまで適応できるか。」

もう少ししたら、法律が変わって外国の企業が、日本の企業を買収しやすくなる。

欧米の雑誌はすでに欧米企業が日本の大手を買収にかかることを前提に記事を書き始めている。

みなさん、心の準備をいたしましょう。ちなみに、松下もソニーも、ビルゲイツの個人資産で簡単に買えてしまう・・。ほしいかどうかは別だが。

↓クリックをよろしくお願いいたします。↓
人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-11-16 03:22 | 上海生活や仕事
<< 潜水艦事件 不思議な質問 >>