ああ石垣島

石垣島に行ってきたのだが、なかなかよい島で「将来はこういうところに住みたいなあ」と考えてしまった。

そこで島に住んでいる方に聞くと、団塊の世代が定年退職を迎えているということで沖縄移住ブームが発生し、石垣島の地価は数年前の数倍になっているという。

そういうバブルも最近はじけたのか、地価も値下げの方向に向かっている場所もあるとのこと。

タクシーの運転手などに聞くと「最近はバブルがはじけていますねえ」とか言うのだが、具体的にどうなっているのかがよく分からないので調べてみると。

石垣島の統計ページを見てみた

http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/100000/100300/toukei2007/toukei-H19.html

ざっとみると(数字を書くのがめんどくさいので、多い、少ない、といった形で書きます)

人口について
-人口全体は、微増
-ただし55歳以上人口は激増
-ということは若い人口は減っている

移住者について
-平成16-18年までは毎年300-400人増えていた移住者が、平成19年では60人の増加にとどまる

観光客について
-観光客数は前年比マイナス7%
-ただし7月、8月と10月だけは前年よりも増えている
-毎月島に入ってくる人の数は、島の居住者の人数と同じくらい(かなりざっくりしていますが)

一方で、住宅数は倍々に伸びているようで、
http://www.y-mainichi.co.jp/news/7614/

こうやって見ると、まあ需要に対して供給過多になりつつあるので、値段は下がってくるのかなあ、と感じる。

あと、定年退職者ばかり増えても、税収があまり期待できないから、市の財政はあまり増えていないんじゃないかと思ってみると、結構増えているものの、一人当たりの自主財政は減少している。

いよいよバブルもピークか石垣島。

土地の価格が下がることを祈る(安くなれば、いつか買えるかもしれないので)
[PR]
by dubian2.4 | 2009-01-03 01:09 | 日本
<< 今年は良い年 いやー、年末休みだ・・ >>