潜水艦事件

中国は社会主義だ。これを忘れる人が多い。

普段は、この国は資本主義の顔をしている。というか拝金主義の顔すらある。しかし、ふとしたことで「ここは社会主義なんだなあ」と思わされる。ふとしたこと、というのは突然の政策変更であったり、警察官などの威圧的な態度であったりする。

今回改めてここが社会主義だということを思い知ったのは、例の「潜水艦事件」である。日本海域に入ってきた潜水艦を中国のものだと日本政府が断定した。

日本ではきっとえらい騒ぎだろうな、ということは私でも容易に想像できる。しかし中国で、これを報道している新聞は目に付く限りない。というわけで現地スタッフ7人にインタビューしてみました(ただ昼ご飯の時に話題にしてみただけ)。

私「ええと、日本で探知された潜水艦のことなんだけど。」
皆さん「??なにそれ。はあ、そんなことあったの。」(会話完)

明らかに報道規制であろう。中国だからできる技だ。ちなみに共同通信が一応インターネットで記事を出していた。見当たる限り、中国でこの記事はここだけだ。

しかし、アクセス数も全中国で累計660回(内5回は私)というように悲しいほど少ないです。

中国語の記事はここです。
http://blog.donews.com/donews/article/6/69987.html

↓クリックをよろしくお願いいたします。↓
人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-11-17 02:35 | 上海生活や仕事
<< 思考は現実化する ブロイラーな人たち >>