仕事ってなんだろう

仕事ってなんだろう

今更こんなことを考える自分もどうかと思うのだが、最近自分の中でこれがテーマになっている。

社会にインパクトを与えたいとか、お金を稼ぎたい、自分をもっと高めたい、などなど、仕事をする理由は人によって色々あると思う。

今までの自分を振り返ると、仕事ってどうしても時間の切り売りの域を超えていない気がする。
それが証拠に、休みになるとうれしいし、疲れてくると次の休みのことを考えて自分を励ます。

一方で、休みになると今後自分が何を目指すべきなのかを考えて悶々としている。
楽しいことは楽しいのだが、心からバケーションを楽しめない。

「仕事ってなんだろう」と真剣に考え始めたってことは、そういうことを真剣に考える時期が来たということだ。

今越えなきゃいけない壁にぶち当たっているということだろう。転職したいとか、そういうことじゃないですよ、念のため。

この年になって、人生を逆残して考える時期が来たのだと思う。

ここで自分の中で飛躍が必要なのだ。

それは割り切りか、情熱か。

残りの人生で、私は何を目指すべきなんだろう。

私の稼働時間も、無限にあるわけじゃない。

あしたのジョーじゃないけれども、真っ白な灰になるまで燃え尽きるきっかけを早くつかまなくてはならない。

あせるなくさるな。

そういうことを考えつつ、目の前の仕事には全力で挑もう。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-02 22:08 | 日本
<< 人見知り 積み重ねの恐怖 >>