高く広く

先のブログで、もうだめ、みたいなことを書いたのだが、嫁もいて子供もいて、実家には私を育ててくれた家族がいて、友人もいて、仕事もあってお金ももらえているのだから、こんな状況で だめかも なんて言ったら、本当にばちが当たってしまう。

先週は一週間の睡眠時間が合計で6時間ぐらいだったと思う。時間をいくら投入しても、仕事はまともな結果が出せず、結構厳しかった。いまだにそのことを考えるとお腹が痛い。

悩んでいるとき、壁にぶち当たっているとき、というのは本当に嫌な気持ちで毎日を過ごすことになるのだが、あえて超ポジティブに捕らえると、悩んでいるときこそ、自分の中で色々なことが伸びる時期なんだと思う。はっきり言って、悩んでいる現在、そんなこと思っている余裕はあまりないのだが、後日になって「死ぬほど悩んだあの時期に、私の成長が加速していたんだなあ」と思える日が来る(はず)。

そもそも、超えられない試練なんて、そう簡単に自分に降ってくるわけがない。そんな仕事は、他のもっと優秀な人にアロケートされるに決まっている。例えば、だれも私に北朝鮮との外交問題を解決してくれとは言わない。誰も私にその問題を解決してくれと期待していない。今の自分にできるわけないことは、誰にも期待されないから、はじめから試練として降りてこない。

私には、私ならもしかしたら解決できるかも、と思っている方々から、小さな試練を投げられているにすぎない。解決できれば、もう少し難しい試練がくるかもしれないし、解決できなければもう少し簡単な試練がくるわけで、そういう調整なのかで私にかかわる人が少しでも幸せになっていく、ついでに私も成長してゆく、というのが今の状況なんじゃないだろうか。

そして本当に忘れかけていたこと、それは、自分が何をしたいのか、何になりたいのか、という「夢」である。
「夢」とか「目標」とか、なんとなく歯の浮くような言葉に聞こえてしまうかもしれないが、これを忘れると、今なんのためにしんどい思いをしているのか、分からなくなってきて苦しくなる。夢とか目標は、ノートに書いて毎朝復唱するようにしよう。


あの丘を登りきると、君が住んでいたあの町の姿を、また違った形で見ることが出来ますよ。
あの山を登ると、あなたが登っていたあの丘が、そんなに高くなかったということがきっと分かりますよ。

ということなんだろう。

あせるな、くさるな (略して アセクサ という)。

明日から仕事。もう少しでプロジェクトも終わり。

夢を掲げて、どこまでも行きましょう。だめそうになったら、回り道しましょう。
[PR]
by dubian2.4 | 2009-08-24 00:50 | 日本
<< 光明 今の状態 >>