カニ決着

今日上海から成田の国際線で、生きたカニを機内に持ち込んだつわものがいた。

ボール紙にカニの写真がプリントされており、空気穴まで開けてある。

「もしや・・。」とたずねると、「そうです、カニです」と気前良く答えてくれた。

機内への持込は、本来NGだが、気づかれなければいいらしい(普通気づくだろう・・。しかも、機内ででかい声でそんなこと言っていいのだろうか・・・。」

「カニは縛ると弱るから、私は紐をはずしてます。」とカニ輸送のコツまで教えてくれた。確かに箱の中ではガサガサ動いているのがわかる。

問題は、検疫で引っかからないか、というところだが、実は引っかからないらしい。

「動物や、植物はダメですが、魚やカニはOKなのです。」とその人は教えてくれた。実際に毎回カニ輸送して、飛行場の出口の通関でも何度もカニを披露しているが問題になったことはないらしい。

海に国境は無い、ということで「人間が運ばなくても、泳いでくるだろう」という考かたから問題ならないとの事。

しかし、上海ガニは河カニです・・・。つっ込めなかったが。

姉妹ブログ「忙しい人が勝つための英語」始まりました!毎日読めば必ず得点UPします。
人気ブログランキングはこちら



[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-04 14:18 | 上海生活や仕事
<< 言い訳はよせ 成田 >>