やばくなったら休む(でも頭は休まない)

新年早々会社を4日休んで、4日前に社会復帰しました。

新年早々、いきなりの仕事量についていけなくなり、徹夜を重ね、さらに仕事の権限も増えたために対応できなくなり、徹夜3日目の朝5時に 頭も回らず、

「このままやっていけるんだろうか。無理くさいかも。プロジェクトが開始して間もない今なら(より正確に言うとまだ開始していない)、ギブアップしても、他人にかける迷惑は少ないのではないか」

と思い始めた。家にも帰っていないので、髪も洗わず、服も初日から同じ。

プロジェクトを降りたほうがいいのではないか、という選択肢が頭に浮かぶと、もう完全にやる気も無くなり
、人事とリーダーに

「ちょっと精神的に無理くさいです。プロジェクト降ろしてください」

と言ってしまった。そして、一週間の休暇を申請した。

仕事上、このようなことをするのは非常に無責任で、自分の評価は悪くなってしまったが(下手するとクビ)、今では、あのままずるずる行ったら最悪の結果(下手するとクビ+精神バランスくずす)になっていたと思うので、どの道下手するとクビというなら、プロジェクトを降りてよかったと思う。よく徹夜続きのあの頭で決断することが出来たものだ。

休暇中は、仕事はしなかったが、とにかく考えた。

自分に何が足りなくて、どうしてこのような結果になってしまったのか。何に恐怖を感じてプロジェクトを降りてしまったのか。

技術面だけではなく、自分の根本的な仕事へ対する姿勢や、物の考え方というとこまで突き詰めて考えた。

考えながらノートに書いていくのだが、休みの間にノート一冊に埋まるほど、いろいろなことを考えた。

そして、わかったことは本当に多かった。自分がいつの間にか、人に対する思いやりがなくなっていたり、社会的な正義感が薄れていたりと、いたらないところが見えてきた。仕事に何を求めていたのかも思い出してきた。思ってもいないことを口にしたり(おもに正当化や言い訳のため)、そういうことが多くなったりもしていた。

見えてきたら、直すところがわかる。ひとつずつ直していくしかない。

本当に年初から、どん底だったけど、今年はもう少し人間的に成長しなさいと神様が発した警告だったということが今だからわかる。

この事件が無かったら、本当に、「イタイ」人間になっていたと思う。

つらい思いもしたが、ある意味良かったといえる。。。

仕事も、今のところ、クビになってないし。。。。
[PR]
by dubian2.4 | 2010-01-18 02:45 | 日本
<< 復帰 つらいとき、得るもの失うもの >>