3Dテレビ

先週は、まともに家で寝れたのは2日だけだった・・・(あとは椅子寝・・・。)

3Dテレビが大手各社から出てきたが、こちらどの程度普及するのだろうか。

テクノロジーの発展によって古くから使っている機械の大幅な機能アップが可能でも、使用するほうがそこまで要求しているかが微妙な場合がある。

例えば、テレビ電話に関して言うと、FOMAによるテレビ電話などは、周囲をみてもそれほど使っている人がいない。スカイプの会話に関してはカメラを使うこともあるが、最も多く使用されている固定電話や携帯電話ではほとんどテレビ機能が使用されていないのが実態ではないだろうか。

なぜ、機能が飛躍的にアップしても使用されないかというと、価格の問題というよりかは、面倒くささの割には、コンテンツの充実が少ないということが問題ではないかと思う。

例えば、電話で伝えている内容(コンテンツ)が、画像を用いることによってどの位豊かになるかというと、あまり変わらないんじゃないか、と思える。だから「面倒なので、わざわざ映像つきで電話しなくてもいいか」となる。スカイプは無料でテレビ通話できるが、必ずしもみなテレビ通話していないことからもこのことが分かる。

同様に、現在のテレビが立体画像によって、コンテンツが大幅に豊かになり(例えば、平面では見ることのできない情報が立体では見ることができるようになるなど)、立体画像を見るときの面倒さ(例えば、めがねをつけなくてはならない)などを上回ることができれば普及するんだろうと思う。

そうかんがえると、立体テレビって結構微妙だよねえ・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2010-04-25 22:10 | 日本
<< やらないよりまし、とは考えない 成長率 >>