上野の博物館に行く

多くの方が夏休みに入り、仕事も比較的余裕があるため、土曜日は上野の国立科学博物館に行ってきた(もちろん1歳の子供をつれて)。

大哺乳類展では、でかい哺乳類(海洋動物がメインなかんじ)の骨格標本などがあり、かなり楽しめた。

私が面白いと思ったのはそこにおいてある「食べる・食べられる」という巨大なパネルで、子供にもわかりやすく食物連鎖を図示している。それを見ていると巨大なヒゲクジラの主な食物はプランクトンやアミえびのような小さな生き物であることがわかる。あんなでかい、ほぼ食物連鎖の頂点のような動物が食べているものが食物連鎖の最初のほうの生き物というのがよく考えるとなんとも不思議なのだが(魚なんかは小さいものが少しずつ大きいものに食われていく)、ゾウとかもよく考えると草食べてるし、でかい動物ほど直接食物連鎖の最初のほうの生き物を食べて効率性を保っているのかなあ、と思ったりした(知っている人いたら教えてください)。

常設展も面白かったのが、時間がなかったため、一部は次回へ持ち越し。

帰りはアメ横よって500円の明太子かいました。
結構安い気がしたのだが、大手スーパーなどに比べて本当に安いのかは正直よくわかりません・・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2010-08-15 23:27 | 日本
<< ばらして売ると儲かる ほっと一息ついたのも、つかの間・・・ >>