オオカミを想像するSE

やっとまともにかける時間ができた。ここ最近心も体も忙しい。それとも、忙しいのは言い訳か。まあとにかく。

中国でIT関係の仕事をするあなた、今日はあなたがひざをたたいて「あるある!」と納得する仕事の話である。

昼過ぎの会議で、食後のせいもあって意識が遠のいている状態で、システム関連の話をしていると、私はオオカミを想像してしまう。

草原を走る白いオオカミ。

もし日本人の関係者がその場に10人いるとするなら、8人は同じくオオカミのことを考えいるだろう。

白いオオカミが走り回っている姿を。

なぜそうなるのか、それは、システム会議で乱発される単語が原因だ。

システムのことを中国語では「系統」という。発音にしてxitong、カタカナだとシートン。

シートンシートンシートンと聞いていると、だんだん小さいころ読んだ「シートン動物記」が頭なのかでよみがえってくる。

オオカミ王ロボ。彼は偉大だった。ハンターとの知恵比べにもまけることがなかった。そして何よりも勇敢だった。そういうことを日本人の人たちは会議で考えているに違いない。

あるある!って思いませんでした?おもったでしょう。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-17 02:07 | 上海生活や仕事
<< すごいコーヒー 技に走る >>