IP電話

ゲンさんよりIP電話機を用いて電話がかかってきた。

先日商品化されたばかりで、上海の電話番号が登録されている。世界中のどこからかけても、上海からかけていることになる。

何がすごいかというと、電話機そのものに番号があり、日本に持って帰っても、ブロードバンドにつなぐことさえできれば上海からかけていることになるということだ。電話機に直接ランケーブルを差し込む仕組みだ。

例えば東京から上海にその電話を使ってかければ、上海の市内電話(より少し安い)料金で電話が可能になる。もちろん上海から普通の電話を使ってその電話にかければ、世界中のどこにいようと市内電話の料金でかけることが可能になる。

IP電話同士なら、世界中のどこにいようと、もちろん電話代は無料だ。

音質が非常に優れている。

日本のIPは、まだアダプタを使ったものがメインじゃないかと思う。これは、直接電話にランケーブルをつなぐというところが優れている。

すごい世の中になってきた。あ、もしかしてこれって結構当たり前ですか。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-06 02:58 | 上海生活や仕事
<< 種まき ぱそこん >>