働きやすいってなんだ

私が以前の会社に新卒で入社した理由の一つに「会社がでかいから」があったことは否めない。会社がでかいことはそれだけで価値がある場合が多い。

例えばネームバリューがあったり、つぶれにくかったり。でも、しばらく働くと、「この業界(総合電機)における現在のポジションを維持できる期間は、もう長くないな」と感じた。中国や韓国が台頭してきていたし、自社の製品に優位性を感じられるものは多くなかった。

また、「でかい会社」のダークサイドも見えてきた。その一つは「会社に居座る人がたくさんいる」ということだった。そういう人は結構偉いポジションだったりする。何も決めることができない人たちだから、何かを決めるときは、みんなでなんとなく決める、という感じだった。

そのことに危機感を感じる若い人は会社を辞めていった。でも、依然多くの若い人は、なんとなく大きな会社は保険みたいなものだと思って、あるいは我こそはこの会社を変えようと思って、あるいは何も考えないで会社に残っている。

「会社はつぶれないだろうし、首にもならない。加えて、福利厚生などもしっかりしているので、とりあえずいておこう。」という人が多かった気がする。要するに「働きやすい」のである。

少し前日経新聞で2011年「働きやすい会社」ランキングがあった。順位を見ると、

1位 ソニー(前回1位)
2位 日立製作所(前回4位)
3位 東芝(前回2位)
4位 パナソニック(前回3位)
5位 ダイキン工業(前回7位)

皆でかい会社であるが、ダイキンを除いて、皆業績が低迷している。株価は下がりっぱなし。要するにパフォームしていない。

「働きやすい」ってなんだ。経営視点から見れば、最終的に、パフォーマンスが出るから「働きやすい」ことに意味があるのだろう。「働きやすい」のに業績が低迷していたら、従業員がその働きやすさを逆手にとって、会社の経営にとって不利益な考えを持っているなど、大きな問題があると仮説せざるを得ない(例:福利厚生がしっかりしているから、閑職でもいいからこの会社にしがみついておこう、等)。

経営が低迷しているのに、人事部などが、「わが社は働きやすさランキングでXX位です」など自慢していたら、もうそれは愚の骨頂としか言いようがない。業績が悪いのに働きやすいランキングに乗った会社の経営者は、「働きやすい」のか「ぬるま湯」なのかを真剣に考えるときなのだ。

丹羽 宇一郎の『汗出せ、知恵出せ、もっと働け!』という叫びを経営者があげるときなんじゃないだろうか。

パフォーマンスと働きやすさは連動しないと、ほんと会社がつぶれます。
[PR]
by dubian2.4 | 2011-10-21 01:32 | 日本
<< 出張中 戦略ってなにかしら >>