値段がめちゃくちゃ

母と兄が来たということで、土曜日は会社を休ませてもらったものの、晩には買い物に出かけた。

服を買うのに有名なシャンヤン路というところだ。

もう上海に住んでいる方はご存知だと思うが、値段のつけ方がめちゃくちゃだ。

服を見ると380元(1元=13円ぐらい)という値札がつけてある。

それで値段を聞くと180元だよ、といわれる。

「高いなあー」と言って買うのをぐずっていると、

「じゃあ100元でいいよ。」といわれる。

そこで、心が痛むのだが、

「50元にしてよ。」というと

「それはお客さん、無理ってものですよ。私も飯を食わないといけないんですから。」

と言ってくる。

それで、あきらめて帰ろうとすると、

「50元でOK!また来てくれ!」ということで商談が成立する。

もしかして、これでも高いのかもしれない。なんという値段のつけ方。やつらに良心はあるのか・・・。380元が50元。値段などあってないようなものだ。

しかし、納得して買えば、お客さんはどんな値段でもいいのかもしれない。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-09 11:44 | 上海生活や仕事
<< おわび 高熱でぶっ倒れる >>