がなり流/がなり説法

最近読んだ本を掲載していないのはわけがある。

アマゾンのページとともに紹介すると、アフィリエイト利用禁止ということで、ブログの管理者から削除命令および警告が飛んでくるのである。

そこで、しばらくは最近読んだ本を掲載していなかったが、文字で復帰することにする。本を読むペースは以前とそれほど変わっていない。

高橋がなりは、SODというアダルトビデオ会社の社長だ。年収も一億ある。

結局彼が行ったことは、金儲けのことばかり考えていて、だらしのないアダルトビデオ界にコンプライアンス重視、お客様第一主義をうちだし、多大な利益を生み出した、ということだろう。

商売のチャンスというものは、本当にいろいろなところにあるものだ。

本人はアダルトビデオが社会的に認められて、自分の会社のビデオをTVコマーシャルに流すのが夢らしい。

でも私は、やっぱりアダルトビデオが普通のTVで宣伝されるのはよくないと思うし、あくまで、サブカルチャーとしてではなく、アンダーグラウンドのカルチャーとして栄えるべきだと思う。

しかし売り上げ100億というのはすごいと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-10 01:56 | 最近読んだ本
<< 3つの出来事 おわび >>