3つの出来事

①風邪がぶりかっえったため、会社のビルにある日本人用のクリニックに行った。
20分待って、5分ぐらいの診察であった。

料金は655元(約8000円)。ぼったくりとはまさにこのことをいう。内科医の腕にはロレックス(私は時計マニアです)。

会社が100%医療費を払ってくれるので、みな周りの人はあまり気にしていないようだがおかしいだろう。しかし、近くでほかに利用できるところだない。

供給者が需要者に勝ってしまっている。くやしい。

②風邪で体調が悪い中、お食事会に行った。またもやじっとしているだけで、酒も飲まず、お誘いいただいた方には申し訳ない限りであった。自己管理の重要さを思い知る。

③お食事会の帰りに、女性を二人抱き寄せて男性が歩いていた。そこに乞食(かなりじいさん)が近づく。男性は、乞食に向かって小銭を投げ、乞食がそれを拾う。

まさに、成金の姿。こういうのは、映画でしか見れないシーンだと思っていた。バナナの皮で滑って転ぶ人を見たときぐらいの感動であった(見たことないが)。

こういう成金をぎゃふんと言わせたいなあ。別に私とは関係ないが・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-10 23:57 | 上海生活や仕事
<< ゲーム開始 がなり流/がなり説法 >>