日の丸よお前は

妻が上海に来てくれた。これから一緒にすごす。よく考えると、離婚しなければ一生一緒だ。末永い話である。

さて、どの会社も今頃だとは思うが、新年ということもあって経営方針発表会のようなものがある。

うちは大企業なので、社長のメッセージが全世界に向かって発表され、衛星と双方向テレビ電話を用いて世界各地がリアルタイムでそれらを受信している。社長は日本から発表しているのだが、中国は時差があまりなくてよかったと思う。

社長の発表が終われば今度は、この情報が社内のイントラネットに掲載される。

社長の発表は本社で行われるのだが、発表する社長の講壇を中心に、左右に大きな旗がかかけられている。

片方の旗が会社の社章を掲げた社旗、もう片方は、たぶん日本の国旗である日の丸である。

たぶんと書いたのは、社内のイントラネットなどに載っている社長の方針発表会の画像は国旗である日の丸を修正して、グレイにしてしまっているような跡があるからである。
社旗はそのまま写っているのだが、日の丸は修正されている(ようにみえる)。

これには2つの理由があると思う。
1)国際企業なので、インターネットなど国際的な情報発信メディアでは日の丸を強調したくない。
2)日の丸に反感する国があるので、配慮している。

私の知る限り、うちの会社は、毎年経営方針発表会で日の丸を掲げていた。実は私が副社長と直接お話をする機会があったときに、「経営方針発表会の日の丸は、何とかならないのだろうか・・・」と発言したことがあった。その提案は議事録として文面で今でも残っている。まるで取り入っていないと思ったのだが、こういう形で解決されるとは思わなかった。

でも、掲げるなら、写真で修正するのはおかしいし、写真で修正するなら掲げるべきではないと思う。

私は、個人的には日の丸は結構すきなのですが。

上記、もし私の勘違いだったら、ご容赦ください(つまり、最初から日の丸を掲げず、グレイの旗を掲げているとしたら、私の勘違いです)。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-13 01:59 | 上海生活や仕事
<< 銅川路 ゲーム開始 >>