時間

何をするにしても、時間という燃料が必要だ。

お金があっても、コネクションがあっても、時間がなければそもそも何もできない。

この「時間」というものは、全ての人間に平等に分け与えられている。人によって1日が20時間だったり、50時間だったりすることはない。

また、この「時間」というものは、保存がきかない。「今使うのをやめて、あとのために取っておこう。」ということができない。

そして何よりも、あまりにも身近にあるため、そのありがたさを意識しにくい。

当たり前のことだが、この「時間」というものを制した人間が、人生を制するのだと思う。

自分に言い聞かせるために、今これを書いている。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-20 00:23 | 上海生活や仕事
<< 最も大事なこと かばんの中 >>