<むなしさ>の心理学

諸富祥彦
講談社現代新書

幸福を求める人間は、幸福でないからそうするわけであって、しからば幸福を求め続ける限り幸福にはなれない。という「幸福のパラドクス」から抜け出すためにはどうすればよいのか。
幸福を求めるだけが人生なのか。について真剣に討議している本。後半の理論がコペルニクス的で面白い。心が病んだあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-09-04 21:40 | 最近読んだ本
<< 上海で心を鬼にする<どうでもいい話> 制約条件(ザ・ゴール)と中国語2 >>