エロマンガ

今日は、エロマンガについて話をしたい。

もちろん、あの有名なエロマンガ島(実在)ではなくて、エロいマンガのことである。

日本にいるとあまり気がつかないのだが、海外で評価が高い日本の文芸のなかに、アニメやマンガがある。そのため、どこの国にも日本のマンガが好きな人たちがいて熱心に研究している(アニメやマンガが文芸かどうかは賛否両論だと思うが)。

日本に帰るとなると、そういうマンガ好きの人たちから、「これこれというマンガを買ってきてくれ」とお願いを受けることも結構ある。

これが、ただのマンガならいいのだが、たまに18禁といわれる、いわゆるエロマンガであったりする場合がある。

レジで「これこれっていうマンガありますか」って聞いて、いきなりエロマンガを差し出されたら、おもわず「ち、違うんです!これは頼まれて・・・。」と聞かれてもいないことを言い出しかねないため、怪しい題名のものは事前にAmazonなどで確認することにしている。

中国ではもちろんそういうマンガは売っていないから頼まれたりするのだが、基本的に買うのが恥ずかしいので頼んだ人には悪いのだが買わないことにしている。頼むほうは、エロマンガであるなら事前に一言私に告げるべきだろう。危うく恥ずかしい思いをするところだったことが何度かある。

平気な顔をしてそういう恐ろしいお願いをする人たちに一言いいたい。

ああいうものは、大体無精ひげを生やした男が汗かきながら描いている。それでもまだ読みますか??
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-03 01:35 | 上海生活や仕事
<< 怒鳴る日本人 あせりがあせりを呼ぶ >>