インターネットに国境は存在する

中国は、凄まじく経済発展しているので忘れがちなのだが、社会主義国家である。

その是非はとにかくとして、政府は共産党の一党独裁である。

メディアはもちろん言論統制がかけられているから、日本のように政府の批判などあまり好き勝手なことはかけない。

インターネットの状況はどうかというと、非常に残念なことだが、一部のサイトがアクセスできないように制御されている。

私のプロバイダからだと、台湾のサイトはほとんど見ることができない状態である。もちろん台湾のYAHOOも見ることができない。日本のサイトはジオシティが見ることのできないサイトになってしまっている。

現在システム開発も佳境を向かえ、サーバの設置場所に非常に頭を悩ませている。

システムの想定される使用者のほとんどは中華圏に住んでいるため、サーバを上海におきたかったのだが、信用できる業者がいないため、やはりここは日本におくべきかと判断した。

そこで試用で日本のサーバに対してアクセスを行っていたのだが、どうも反応が非常に遅い。この原因は業者によると、海外からの情報は中国に入る際に一通りスキャンされているためだという。

中国においてスピードを重視するか、日本において安全性を重視するか・・・。

どなたか上海でいいサーバ管理屋さんを知っていたら、教えてください・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-06 00:50 | 上海生活や仕事
<< お母さん VPSと専用サーバを確保 >>