うらやましい

何がうらやましいかで、その人が何をしたいのかが分かる、ということに最近気がついた。

私の友人は、ハリウッドのアクション映画を見ると、「うおーー、うらやましいんじゃ!!こいつらいいなあ制作費あって。俺もそれくらい制作費あったらいい映画作れるのになあ。」とうるさい。

私はまったくうらやましいとも思わないので純粋に映画を頼むことができるが、映画監督を目指している友人にはハリウッド映画がうらやましくてしょうがないのだ。

一方私はおかしな話だが、入社してから始終自分の会社がうらやましいと思っている。

会議をすれば、「こんなに頭のいい人が集まって会議できて、やっぱ大企業は違うなあ。」とか、システム構築に外部のコンサルを雇うと、「コンサル雇う金があってうらやましいなあ。」と自分が会社を持っているわけでもないのに、そう思ってしまうのである・・・。


うらやましい、と思えるということは、目指すべきものがあるからなのであろう。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-11 01:04 | 上海生活や仕事
<< 技術はすごい 偏見との戦い >>