なぜあの商品だけが大ヒットしたのか

なぜあの商品だけが大ヒットしたのか
玉木剛

また出張にきてしまったので、移動時間を使って読書。
悲惨なのは、以前読みかけの本であったために行きの飛行機で読みきってしまったということだ。これでは帰りの飛行機では読む本が無い(仕事をしろ、といわれるかもしれないが)。

パブリシティの重要さを説いた本。いい時期にいい本に出会ったと思う。マスコミを味方につけることで、宣伝と同様の効果を無料で手に入れることができる。ということがかかれている。またその具体的な方法を書いている。

色々と問題の多い毎日だが、必要なときに必要な本や人と出会えるのだから運がいい。最近は特にそうだ。だから問題があっても「多分何とかなるな」と自分自身全くうろたえなくなってきている。「運任せ」なんて私が一番嫌いな言葉なのに、運にばかり助けられている。不思議なものだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-22 00:46 | 最近読んだ本
<< 取引をしてはならない いい乞食と悪い乞食 >>