日本国連新常任理事に反対する人々

「議席が拡大される場合、日本は間違いなく常任理事国になる」というアナンさんの発言から、日本の常任理事参加に反対する中国人たちが、日本製品不買運動を始めている。

また、日本でも映像が放映されていると思うが、日系スーパーに襲撃をかけるなど、社会問題化している。

私の会社でも、日本人は外出の際注意するように、との通達が出た。

現在デモなどを起こしている人々のほとんどは、戦争の体験を直接していない人々であろう。それでもこれだけ不買運動など熱心になるというのは、日本人にはない感覚ではないかと思う。日本では戦争は過去のもの、という考え方が主流のような気がするし、義務教育のなかでも、なにか特定の国を敵視するような考え方がない。

韓国は、民衆の心情とは別に、日本が常任理事入りしてしまったら、これ以上アジアに議席がないので危機感が政府にあるのではないかと思う。

メディアが報道であおって、それに人々がのってしまうというような図式である。
しかし、そのまえに、そもそも国連における常任理事が何であるのか、という視点がメディアにもデモする人々にも抜けている気がする。

アメリカも中国も、フランスも、ほとんど国連を無視して好き勝手し放題である。

ここに常任理事として日本が入ったからといって、大きな影響はどこにも無い気がする。日本もそこまでして常任理事入りしたいメリットがあるなら、政府より発信してほしい。少なくとも私には理解できない。

なんだか、みなから騒ぎしているように思えてしまう。残るのは悪化した国民感情のみ・・・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-04-06 02:15 | 上海生活や仕事
<< 怒る上司 何が優先か >>