今回の反日騒ぎとアメリカ

アメリカは今回のデモにかかわっているのだろうか。友人はアメリカ陰謀説を繰り広げる。
下記は彼の理論。私も納得してしまった。

①中国共産党の意図
い)暴動の矛先を共産党から日本へ

ろ)日本の手を縛るため(日本は急速に軍備強化、国益保護、対外強硬に舵を切っている)。これをけん制するために国民の声を使っている(中国経済が魅力的な今、いわば中国経済を人質にとって、日本を脅している)。


②アメリカの意図
い)アメリカは自国のアジアにおける影響力を保持したい考え。これは対中国・インド・パキスタンという軍事的な意味合いもあるが、影響力を保持することによって得る経済的な利益も大きい。過去日本がアジアのリーダーシップをとろうとした場合、幾度と無く反対してきた。たとえば東アジア経済圏の確立に向けた活動や、アジア通貨バスケットなど日本が提案してきた案に大してアメリカはことごとく反対してきた。日本がアジアのリーダーになると困る、アメリカの地位が相対的に下がるから。

ろ)中国と日本の関係
アメリカは将来の敵国は中国だと明示的に言っている。対中国戦略において、日本を自国陣営に囲い込むことが大変重要。中国と日本の経済的結びつきが増してきて、友好の度合いも増すと、アメリカにとってやりにくくなる。また、「中国怖いぞ、アメリカが守ってやるから○○しろ(牛肉輸入しろとか)」と日本へ言いにくくなる。外交上のレバレッジがなくなる。アメリカは常に日本が中国をビビってた方が都合が良い。日本の軍備強化もいい加減にアメリカに上手を握られたままだと、外交上の自由が利かないことを認識している。

これらを総合的に見ると、アメリカが中国をあおってることは十分に考えられる。
実際彼らは他国民の扇動は得意で、中東でも何回もその手を使ってアメリカに敵対的な政府を倒してきた。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-04-15 02:57 | 上海生活や仕事
<< 上海反日デモ前夜 その人の名前を教えてください >>