失踪日記

吾妻ひでお
イーストプレス

私は、本以上に漫画をよく読む。漫画に関しては気晴らしで読むのが普通なので、特に「最近読んだ本」には入れないのだが、「ドラえもん」などバイブル的なマンガに関しは別扱いとして乗せている。また極端に面白いものは今後紹介しようと思う。

あと、漫画なんだけれども、本屋さんで漫画のコーナーに置かれていないものは、本としてカウントするので、紹介をしておく。

失踪日記は漫画家が締め切りに耐えられず、失踪してしまう話で、実際にこの漫画を書いている漫画家が経験した出来事を漫画にしている。

締め切りに追われるー>投げ出して失踪ー>しばらくルンペン生活ー>自転車泥棒などで警察に捕まるー>捜索願が出ていることがばれるー>家に送り返されるー>アル中になるー>精神病院に入院

という生活。話にオチがなく、ひたすら著者の荒んでいる毎日を描く。

この本から何を読み取るべきか。それは読者にゆだねられている。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-05-08 23:43 | 最近読んだ本
<< 儲け方入門 見くびるということ >>