物食う人々

仕事中にヨーグルトを食べている社員を見て、日本から来ている出張者が、私を呼び出した。

曰く「あんたのとこの社員管理はどうなっているの?」

私としては、出張者の怒りも分かるのだが、かといって理論的に特に問題がある行為とも思えないので注意するのが難しい。

日本人社員も、お土産でせんべいなどをもらうと、就業中に食べているし、第一就業中にヨーグルトを食べることそのものが他者やその人間にどのような害を加えているのか合理的に説明できない。

そして、その人はいつもヨーグルトを食べているというわけではない。

うちの会社の日本人のスタンダードは、ガムや飴はOK。飲み物OK。一口で食べきれないものはダメ、というところではないかと思う。

食べ物を食べると汚れるというのが、注意するときの理論なのだが、ヨーグルトではこぼさない限りまわりを汚さない。現に、クッキーやマフィンを食べる人はいない。こぼすと汚れるから食べるな、というと、じゃあ飲み物はなんでいいのだ、ということになる。

仕事しながら、アイスとかヨーグルトを食べるのはあまりよくないと思うのだが、よくない理由がない。理由が無いから、やはり問題のない行為ではないかと思う。

ということで、そのときはそう伝えた。出張者も、「うーむ、確かに・・」とうなっていた。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-05-13 02:02 | 上海生活や仕事
<< 週末休みなし 変な人が書いた成功法則 >>