みんな気が短い

今日始めて知ったのだが、日経新聞によると

日本人と間違われたフィリピン人がデモのどさくさにまぎれて北京で殺害された可能性が高い

古い話ですみません。

今回出張で広州に行ったのだが、雨のせいで飛行機の搭乗が約1時間半遅れた。それで、飛行機に乗ると出発しないまままた1時間ほど過ぎた。

ある一人がスチュワーデスに文句を言った。

すると客がせきを切ったように怒鳴り始める。えらい騒ぎになった。

飛行機の出発時刻など騒いだところで解決できる問題じゃないので、私はずっと本を読んでいた(自分でもこの判断は正しかったと思っている。おかげでたくさん読めたから)。

すると、ある一人がスチュワーデスに向かって紙コップを投げたのだ。

そしてそこから皆、コップを投げたり、新聞紙を投げ始めた。

パイロットが出てきて、ひとまず収まったが、今度は上海に着いたときに、皆が押し合って飛行機から出ようとする。怒鳴り散らす声が聞こえた。

私は怒鳴り声を横目にふと窓から外を見たのだが、なんと、私の乗っていた飛行機は、飛行機を階段で降りた後バスで飛行場の出口まで向かうタイプのものだった。

つまり、どんなに早く降りても、バスが満員になるまではバスは出ないのである。

なぜこんなに皆短気なのか。中国は嫌いじゃないがこういうところは本当にうんざりさせられる。とくにめずらいいことではないのだ。

ところで、いつも階段で降りて外に出るタイプの飛行機に乗ると思うのだが、飛行機の車輪って自転してないですよね。あくまで、飛行機のプロペラの勢いで前に進んでいると信じたいのだが、実際のところどうでしょうか。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-05-18 00:26 | 上海生活や仕事
<< やはり気になる!! 贅沢 >>