game

gameというと、ビデオゲームのゲームのイメージがあるが、これは確か猟をするする、というような意味があったと思う。

まあ、それはさておき。

本日、パソコンでゲームをするためにグラフィックボードを購入した。

自分自身、パソコンで絵も描くし、ちょうどよいと思い買ったが、その効果は絶大であった。

グラフィックボードになじみの薄い方は「なに?」といわれるかもしれないので、簡単に説明する。

パソコンはCPUという演算装置(処理をする心臓)があるが、これだけでは、大きな容量の絵や、三次元処理されているゲームなどは、処理しきれない。

そこで、画像を処理するための専門の道具が必要なのだ。

これがグラフィックボードである。

パソコンを開けて、はめ込んだ。簡単なはずのものが、なかなか大変だった。

兄が日本から遠隔でいろいろと指示をしてくれたおかげでかなり助かった。

パソコンでゲームをするのは実は始めてである。これからも、色々と買って遊んでみたい。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-05-30 02:51 | 上海生活や仕事
<< 3億円 ハイテク商品を手で作る人々 >>