3億円

企業がサラリーマンの一生にかける費用(福利厚生などもいれて)は大体3億円といわれている。

企業が人件費として計上している費用は給料だけではないから、サラリーマンが実際に現金としてもらう金額は、もう少し少ないだろう。

そのため、サラリーマンをやめても本当に3億円以上のお金を稼げるのか、と悩む人が多い。

しかし、よく考えると、お金などは手に入るのが早ければ早いほど、増やせるので金額が少なくてもいいのだ。

私が退職まであと30年働けるとして、そのときに生涯を通じて会社からもらう全金額が3億円とする。

この3億円と同等の価値のお金というのは、現在いくらぐらいのものなのだろう。

例えば年利3%の海外の銀行にあずけるとして、現在大体1億2000万円あれば、30年後には3億円になる。

そう考えると、今なら1億2000万円あれば、30年間まっjたく働かなくても、サラリーマンと同じ生涯収入があるのである。

生涯で3億円もいらないから今2億円くれ、といったほうがだいぶお得なのだ。

本当に、ゆっくりお金をもらってゆくというのは、非常に損な話なのである。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-05-31 04:18 | 上海生活や仕事
<< 正論 game >>