相談を受ける2

そういうわけで上司に「自分はこの仕事したくない」と提言するときに、「自分がいかに無駄な仕事をしており、やりがいを感じていないか」という理屈ではなく、できるだけ「現在自分がこの仕事を行っていることによってどのくらい会社として無駄が生じているのか」という理屈で話したほうが通りやすいのではないか、というアドバイスをしてみた。

そうなると、

1)もっと給料の安いやつがやればよい

2)自分よりも給料が高いOOさんよりも、自分の方が多くの付加価値を生み出せるので、今の自分の仕事をOOさんと交換しないと会社として機会費用が大きい。

のどれかで交渉してください、ということになる。

この場合私としては、2)で交渉するのが一番良いと思っていたのだが、なんと彼女は生きなり「別の仕事をくれなければ辞める。もしくは給料を上げろ」といって交渉してきたようだ。

結局上司は「理解する」というにとどめたらしく、具体的なことは月曜日にまた相談するらしい。

私との相談はいったいなんだったのだろうか。おそるべし。。。。。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-06-12 02:14 | 上海生活や仕事
<< 妻来る 深刻そうな顔の人から相談を受ける >>