なぜ会社を辞めるのか

最近気がついたことだが、お金を稼ぐということは、基本的に楽しいことであると思う。

商いはあきない、とはよく言ったものだ。

会社で働くということは、お金を稼ぐということだから、基本的には楽しくないといけないと思う。

しかし、例えば上司がひどく、人間的に尊敬できないだとか、やっている仕事の意義が見出せないといったような要因がある場合は、楽しいはずの仕事がすっかりつまらなくなり、苦痛にすらなりうる。

そこで、それを我慢するべきなのか、会社を辞めるべきなのかという問題に行き着く。この問題に関して私ならこう考える。

例えば、体が痛いのは、その姿勢がよくないよ、と体が教えていることを意味する。だから、我慢してその姿勢を保つのではなく、体が痛くないような姿勢に変えなくてはならない。仕事も同じで、苦痛だよ、というようになってしまったら、その仕事はよくないよ、と神様が教えてくれているので、早く辞めて楽しい仕事をしなくてはならない。

だから、辞めようか悩んでいる人間は私は会社に引き止めない。仕事など能力さえあればいくらでもあるのだから、我慢する必要などどこにもない。

我慢することをやめて、仕事を通じて最高に楽しい人生を送りましょう。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-06-27 01:44 | 上海生活や仕事
<< 不思議だ 土曜の過ごし方 >>