コンサルタントの時代 21世紀の知識労働者

文春新書
鴨志田 晃  
 
普段お世話になっているコンサルタントの仕事が会社や会社にどのような影響を及ぼしているのか、そういうことを説明する本だと思い期待していたが、著者の経歴の話や、著者のコンサルタントに対する思いなどがかかれているだけであった。

 あまり内容も、一般論ばかりで、光るものがない。

 著者紹介の写真の中で著者に寝グセがある。もう少しちゃんとしようよ、と応援したくなる。

 コンサルの独り言を聞きたいあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-09-24 09:46 | 最近読んだ本
<< 他人へのサービスに金を払う3 他人へのサービスに金を払う2 >>