タクシーでぼられたときの対応1

仕事で北京に来た。

空港から、事務所までタクシーに乗ったのだが、ぼられた。

運転手がメーターを見せていなかったのと、空港のタクシー管理人が乗客にくれるクレーム用タグ(車のナンバー入り)を回収しようとしたこと、打ち出されるレシートの車番号が見えないようになっていること、などから、確実にぼらられたと確信した。

その場で、「高いですよ」と注意して、そのあと「今この問題を解決しないと、あとでクレームの電話かけますけど問題ないですね」と明言しておいた。

すると運転手は「絶対問題ない」と自信をみせたので、ホテル到着後すぐにクレームの電話をした。

クレームセンターはFAXで伝票を送るか、もしくは直接タクシー会社に連絡してクレームしてくれ、と言ったため、直接タクシー会社に連絡した。

タクシー会社に連絡すると、社長が出てきて、「すぐに調査する」と約束してくれた。

すると、3時間後ぐらいに電話がかかってきた。それはお詫びの電話であった。

「運転手が個人的にメーターを改造していることが分かった。申し訳ない。差額をすぐに返しに行かせる」

とのこと。

そして運転手自信も電話してきて、謝りたおしてきた。

これに関して、こちらとして、差額を返してもらって問題を解決するか、センターに再度連絡して法で裁くか、判断をした。

明日へ続く。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-25 03:23 | 上海生活や仕事
<< タクシーでぼられたときの対応2 最近読んだ3冊 >>