タクシーでぼられたときの対応2

昨日の続き。

私としては損をした金額20元はもはやどうでもいい。なぜ北京でこれほど運転手がだますのか理由を考えた。それは、
1)問題がちゃんと都度管理局に報告されていないから
2)だました運転手は示談で解決してしまい、運転手は大して被害を受けないから

だと考えた。だから同じことを何度もするのである。

つまり、私で被害を止めないとまた被害者が出るのである。

あと、もうひとつ個人的な話なのだが、私は方向感覚が非常に悪くて、自分が今どこにいるのかよく分からない状態になることが多い。

タクシーとしてそういう人間をだますというのは、力の弱い老人から強盗するようなもので、どうにも許しがたい。

そこで再度運転手から電話があったとき、センターに正式にクレームしますのでもう電話するな、と伝えた。

それからがすごかった。

あせった運転手から20回ぐらい電話が来た(とらなかった)。

それから運転手の友達が電話をかけてきて、

「彼はもう首になった。あなたが訴えるとさらに1万元の罰金を払わなくてはならない」と言ってきた。

そして、更に驚くことに、示談で済ませるなら1000元払う、とまで言い出した。

他のタクシーに聞くと、メーターを改造するお金も1000元近くかかるらしい。なんだか人をだますのも一苦労だ。しかし、出来心ではない、ということははっきりしている。

とにかく、何があろうと、明日、センターへFAXをおこなう。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-09-26 00:27 | 上海生活や仕事
<< 犬が危篤 タクシーでぼられたときの対応1 >>