学生のころやっていた株を再開した。

忙しいのに、更に自分に追い討ちをかける結果になっている。

ただ、今のような上がり局面のときは、一応少しでも株に投資しておいたほうが、お徳であることは確かだ。

このような時期は現金で持っているよりも株にしておいたほうが大分よい。

下がっているときでも、株は儲かる。ある方向に価格が進んでいるということが大切なのだ。

株をあまりしない人には分かりにくいかもしれないが、株は買うだけではなく、売りから入ることもできる。

簡単に言うと、他人から株を借りて市場で売り飛ばして、価格が下がったところで買い戻して、借りた株を返すのだ。そうすれば差額が儲かる。結構難しいうえにリスクも無限大なので、素人はやめたほうがよい。

いずれにせよ、適当に儲かったら売り飛ばして、少しでも家計に貢献できればと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-11-11 01:03 | 上海生活や仕事
<< 気が付いた カステラを作る >>