心を支配する

妻がまた日本に帰ってしまった。。。。。。

妻がいないので、広いおうちで週末パンツとTシャツで歩き回ってみた。

それから、室内のハムスターの走るようなマシンでランニング。めちゃ走った。

私の経験から、運動をすると頭が確実に良くなる。物の本によると、人間はINPUTとOUTPUTを同時にしていかないと、脳が学んでいかないらしい。ようするに、目で見て勉強して、指先だけでOUTPUTしていても、脳が学ぶことはあまり多くないということだ。球技とか運動したら、目でボールを追ったり、蹴ったり走ったりで脳があらゆる方向で活性化する。らしい。

禅のような話だが、走っていると、いろいろ考え事ができる。

今日思ったのは。「心を支配する」ということ。

喜び恐怖悲しみ怒り不安心配期待などなど、全て現象が淡々と起きているところを人間の心が勝手に解釈しているのだ。つまり、これらの気持ちは外部的な問題ではなくて全ては脳が作り出していることだ。

自分の脳なのだから、これらの気持ちを十分に支配しないといけない。と思う。

自分の心を支配できれば、世の中も違って見えてくる。

走っていると疲れてくるのと暇なのとで、普段考えないこんなことを考えてみたりする。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-07-09 19:19 | 上海生活や仕事
<< 競争 選択に次ぐ選択 >>