死の壁


死の壁
養老 孟司

新潮新書

死とは何か、について考える本。

人間は100%いつかは死ぬ。100%起こることなのに誰も自分の死は予測できない。

なぜ人を殺してはいけないのか、を論理だって説明すのは難しいかも。。。と考えるあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-15 02:10 | 最近読んだ本
<< 誰のために働くか なぞの習慣 >>