動物園に行ってきた

私は動物が好きだ。

でも、動物園は大嫌いだ。だから、大人になってから行ったことがない。

私は動物園が嫌いだと妻によく言ってた。子供が生まれて動物園に行きたいなら、私は行かないので二人で行ってらっさいとも。

今回、実にひさしぶりに動物園に行ってきた。北海道の旭川動物園だ。

相変わらず動物園というのはひどいものだった。まず、動物がひどい。

ホッキョクグマはよだれを垂れ流し、同じところをうろうろしている。人間でもいらいらしたり、精神的に追い詰められたりしたら同じところをうろうろ歩くが、この熊たちは精神的におかしくなっている。簡単に言うと発狂している。

オラウータンは、祖国のほうを見つめながら、いつまでもいつまでも自由になれる日を待っている。飼い殺しになることに気がついているのかどうかは不明だが、彼らが生きて檻から出ることはもうないだろう。

サルたちは、私の部屋よりも小さな面積の折で所狭しと動いている。なかには寒そうにしているのもいる。

トラは、ホッキョクグマ同様発狂している。同じところを永遠にうろうろしている。

そして、人間もひどい。

動物が嫌がるから、フラッシュをたくなといっているのに、たきまくる。

そして、自然の状態ではライオンなどと対峙したら腰を抜かして動けなくなるくせに、ライオンが檻の中にいることで、態度がでかくなり「こっち向けー」とか「ガオー!」とかライオンに対して挑発する。あほばっかりだ。大人がやっているんだから、もうどうしょうもない。

本当に動物園に来るとやりきれない。

ここに来ると確認できることは、人間と動物の共存というのは不可能だということだ。みんな自分勝手だし、こんな死にかけの動物どもを見て、楽しいなどといっている人間たちが、動物と共存できるわけがない。

動物園ももう少し来園者に自然との共存について考えさせるような内容の物を作ってくれ。

そういうわけで、動物園というのは、死を待つ動物たちの飼い殺し施設にしか見えない。何も楽しくない。ちなみに下記は「ぼろぼろなダチョウ」より。


何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。
動物園の四坪半のぬかるみの中では、
足が大股過ぎるぢゃないか。
頚があんまり長過ぎるぢゃないか。
雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。
腹がへるから堅パンも食ふだらうが、
駝鳥の眼は遠くばかりを見てゐるぢゃないか。
身も世もないように燃えてゐるぢゃないか。
瑠璃色の風が今にも吹いてくるのを待ちかまへてゐるぢゃないか。
あの小さな素朴な顔が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。
これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。
人間よ、
もう止せ、こんな事は。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-16 20:10 | MBA準備
<< 東京に行ってくる MMさん >>