コロンビア MBA

今日は、沢山書きたい。MBAの大学に合格した。これを祝うように、一年に一度しか咲かず、しかも一晩で枯れるいといわれる月下美人が今晩咲き、サロンパスのような美しい香りを放っている。

ニューヨークにあるコロンビア大学だ。

3校アプライして、そのうちの一校が決まった。はっきり言ってかなり早い段階で決まってしまった。来月1月スタートのクラスで、卒業は今年の9月から始めた人たちと同じ時期になるという、集中コースだ。半年集中して9月開始の人に追いつき、後の一年は皆と一緒になる。

私は2008年9月までには会社に戻らなくてはならないので、選べる学校が本当に少なく、コロンビアの1月クラスははその少ない選択の中では最高レベルだと考えてよい。したがってコロンビアで決定しようと考えている。アイビーリーグの学校だし、起業関連に関しては定評がある。

ただ、私の先日提出したHBS(ハーバード)のアプリケーションがとりあえず進んでいるようなので、辞退せずにいく先を見ておこうと思う(ただしこのクラスは2009年まであるために、会社のスポンサーが取れなく、合格しても行くのは難しいと思う)。

今準備している仲間達は来年の9月開始のクラスに向けて準備している者が多いと思うので、一足お先になる。

インタビューが終わってからなかなか合格通知が出なかったのでもしかしたらダメだったのかと思ってしまったりした。この時が精神的に辛かった。妻が銭湯に行こうといっても「銭湯」→「入浴」→「ニューヨーク」→「コロンビアの結果が来ない」→「落ちたかも」→「銭湯行く気が失せた」となるほどだった。

ニューヨークにいったことが無いのだが、コロンビア大学はニューヨークのど真ん中にあって、住所もブロードウェイということで、メイクアップアーティスト修行中の妻にとってもいい場所なんではないかと思う。

合格したことも嬉しいのだが、これ以上学校に申請する必要が無いのも嬉しい。一つの学校に提出するためには山ほど資料を作成しなくてはならず、それが滑り止めの学校などだと、やる気も出なくてものすごく精神的に辛いものがある。

あと、特筆したいことは、私は予備校など一切通わなかったし、高いお金でエッセイのカウンセラーなども雇わなかった。日本の某予備校を始めこれらのビジネスの多くがいかにいんちきかということを、機会があったら又書きたい。

また、今日はバーベキューパーティもあって、楽しかった。これについては明日書きたい。

とにかくひと段落した。これで学校開始までは主夫業に専念できる。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-04 22:17 | MBA準備
<< バーベキュー 料理とか家事について >>