人間としての可能性

金曜日に、妻と家に帰る時間が同じだったので、一緒にバスに乗った。
週末は妻は学校に行かないので、彼女はバスの中で
「明日は朝、豆乳でホットケーキを作ろう」と言った。

私は彼女のことよく知っているので
「どうせあなた起きられないから、いいよ」「絶対無理無理」
と言った。

すると妻は怒り出して、
「なぜやろうとする前に否定するのか!」
「あなたはそうやっていつも人間としての可能性を否定する!」
と怒り出した。

週末に朝早起きするのは人間としての可能性というほどたいそうなことなのか・・・。

そして夜寝る前まで、人間としての可能性を実現するために、明日は朝早起きしてホットケーキを作るぞ!と妻は意気込んでいた(人間としての可能性の起床時間は9時前までに起きると言うこと)。

そして次の日。なんと妻は、8:50に起きたのである!

そしてそのままトイレに行き、また寝た・・・。

私は自分でホットケーキを作って一人で食べた。

妻が起きたのは12時前・・・。

そして明日こそは早起きするぞー!と昨晩言っていたが、今朝は
「人間としての可能性はありましぇん」
とつぶやいて、起きてこない。

まあ、毎日疲れているからしょうがないのかな。

*ちなみにこの後13:00前に起きてきた妻は(長時間寝られるという)人間の新たな可能性について目覚めた、と語っている。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-12 10:24 | MBA準備
<< 本日の戦利品 だめなMBA生の感じ >>