ハーバード MBA

ハーバード大学から、面接の招待があった。

かなり早い時期であるということと、アドミッションとの直接の面接であるため、私の能力とは別の側面から考えても「空席がある」という意味で合格する可能性は十分にある。コロンビア大学のときは1月開始に対して10月の申請だったので、基本的に空席が非常に少なく熾烈な椅子取りゲームだったと思う。

起業のプログラムに関してはハーバードだけは、別格だ。そう思っている自分がいる。実際に日本人でもハーバードを卒業して起業している人は多い。そういう意味ではこの学校には行きたいと思う。

ただ、わが社の規定では2008年夏には職場復帰しなくてはならないので、2年のMBAは基本的に禁止ということになっている。コロンビアは16ヶ月で、会社の規定に照らしてぎりぎりOKという感じだ。

面接はとりあえず受けて、結果が出てから会社と交渉するかどうか考えよう。

自費を出してまで行くかというと・・・。それほどでもないかも。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-17 22:48 | MBA準備
<< 布団の攻防 一般からの救援物資不要、長岡市... >>