人造美女

妻と上海のナイトスポットを見ようとタクシーに乗ると、前の席に宣伝がかけてあった。

上海のタクシーは大体車の中に宣伝をつけているが、普通はレストランなどの食事ものがメインである。

しかし、本日は「人造美女」の宣伝を見つけた。

「人造美女」というのは要するに整形手術をして綺麗になった人たちである。

そしてこの宣伝はなんと、実物を用いているのである。本人の了解を得てやっているとは思うが、プライバシーもあったものじゃない。

というわけで、揺れるタクシーの中写真を撮ってみました。手術前です。
b0019208_274127.jpg


どこかで見たことある顔だと思っていたら、オウム真理教の麻原彰晃の奥さん(指名手配中)に似ている・・。さらに、眉毛もつながっている。まあ、宣伝に出るぐらいなのだから、綺麗とはいいがたい。

それが人造美女手術をすると・・・。

















b0019208_292639.jpg


こんな感じに。人違いですか?

なんだか、同じ人とは思えない。
しかし、考えてみると、女性にとって美しくあることはかも大切なのだ。お金を払って、顔にメスを入れてまで美しくなりたい、と考えている人はいるのである。

私は納得いかないが、妻としては、男性がアデランスに行くようなもんじゃん、との意見である。
しかし、化粧の延長みたいなものだと思えばいいのだろうか・・・。

みんながこまごまメイクやエステをして少しでも綺麗になろうと努力している中で、この方法を使うのは、なんだかずるい気がする。100M走でみんな足で走っているのに、一人だけバイクに乗って参加しているようなものだ。

b0019208_2143450.jpg


結論: やはり女性は顔ではない。だって整形すればいくらでも綺麗になれるのだから。ブラックジャック先生もそういっていた。でもちょっとこの人の顔近くで見てみたいなあ。

ところでカメラはパナソニックのLUMIX使いました。手振れ防止機能があって、揺れるタクシーでもぶれなかったです。すごい。

人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-24 02:19 | 上海生活や仕事
<< 結婚で気がつく日中文化の違い 料理はできるだけ自分で >>