アングロサクソンな中国人

今日はあまりシリアスな話題ではなく、軽い話題にとどめたいと思う。

日系企業は、中国では外資系ということもあって日本語とわずかではあるが英語が飛び交っている。そこで中国人は中国語の名前以外に「英語名(English Name)」をもつことが多い。

もともとファンファンとかいう名前だったとしても、「わたしのことはBettyって呼んでね」とか言われて、名刺にもそうやって書かれてしまっているのだから恐ろしい。

私は、感覚的な問題だが、文化的バックグラウンドの無いものが、自分の名前を英語で呼ばせようにするのはあまり好きではない。アメリカに行った日本人留学生や、サラリーマンも、脈絡も無く「俺をデービッドってよんでくれ」とか言うときがあったりして、鳥肌が立つ。

日系企業に勤めているなら、English Name じゃなくて Japanese Name にしろといいたい。

ロンロンさんが「私のことは花子って呼んでね」という日が来るのを心待ちにしている。

↓クリックをよろしくお願いいたします。↓
人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-11-06 02:26 | 上海生活や仕事
<< キャバクラにはまる人たち 妻について >>