サブプライム問題

今回のリーマン破綻などで、少し考えたことがある。

それは、「よく分からないのに、分かったつもりになっていることは危ない」ということだ。

なぜそう思ったかというと、私はいろいろな方とお話しすると

「所詮金融は虚業だから、このようなことになる」

「金儲け主義に走り、実体を伴わない取引ばかりしているから当然だ」

「実体経済とは関係ないところで、ギャンブルに走りすぎた」

というコメントをいただくことがよくあった。そのほとんどは金融業を経験したことが無い方であった。

しかし、「虚業」とか「実体を伴わない」とかいうのは具体的に何を指すのか、それに関しては言及が無い(私もあまり突っ込まなかった)。

ノンリコースとかMBSが実体経済に与えたインパクトは大きなものだし、虚業といわれるような批判に私は正直あまり納得できない。金融商品や資金調達の仕組みが複雑で、私も十分に今回の問題を理解できていないというのはある。。。

はっきりとよく分からないものを批判する際に、なぜそこまで断言できるのか、ということを考えると、「やはり分かったつもりになっている」「テレビなどのコメントが影響を与えている(あの偉い人がそういったのだから、そうなのだろう)」というのがあるのかと思う。

分かったつもり、というのは結構危ない。自分も注意したいと思った。
[PR]
by dubian2.4 | 2008-09-27 13:13 | 日本
<< 最後の部門 資金ショート >>