カテゴリ:最近読んだ本( 46 )

日本で読んだ本

妻の入院中に、部屋に泊り込んで読んだ本


1)広告の天才が気づいている51の法則
ロイ・H. ウィリアムズ (著), Roy H. Williams (原著), 宮本 喜一 (翻訳)

ーアメリカンなたとえ話が多すぎて、分かりにくいところも多い。
広告の何たるかについて説明したもの

2)あなたの話はなぜ「通じない」のか
山田 ズーニー (著)

ー人間は話の内容よりも、メディア力(その人の信用度が)が相手に大きな影響を与える。
面白かった。

3)<漫画>ドラえもん
新1巻
39巻
41巻
43巻
爆笑編
のびたリベンジ編

ドラえもんは、やはり何度読んでも笑える。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-04-24 10:24 | 最近読んだ本

論理的な話し方が面白いほど身につく本

「論理的な話し方が面白いほど身につく本」
茂木秀昭

以前、あるアメリカ人弁護士と話していたとき、その方が、

「ディベートにせよ、口論にせよ、法廷にせよ、一番いい勝ち方というのは、相手に「私は勝った」と思わせておいて、本当は自分が勝つような勝ち方だ。」

とおっしゃっていた。なるほどなあ、と感心した。

話し方というか、議論の仕方に関しては、やはり技術というものがあってそれを知っている人と知らない人とでは論議に大人と子供ほどの差がつくと思う。少しでも柔道をやっている人が、一般人よりはるかに強いのと同じ理屈だろう。

少し、話し方は勉強する必要があると感じた。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-25 01:19 | 最近読んだ本

なぜあの商品だけが大ヒットしたのか

なぜあの商品だけが大ヒットしたのか
玉木剛

また出張にきてしまったので、移動時間を使って読書。
悲惨なのは、以前読みかけの本であったために行きの飛行機で読みきってしまったということだ。これでは帰りの飛行機では読む本が無い(仕事をしろ、といわれるかもしれないが)。

パブリシティの重要さを説いた本。いい時期にいい本に出会ったと思う。マスコミを味方につけることで、宣伝と同様の効果を無料で手に入れることができる。ということがかかれている。またその具体的な方法を書いている。

色々と問題の多い毎日だが、必要なときに必要な本や人と出会えるのだから運がいい。最近は特にそうだ。だから問題があっても「多分何とかなるな」と自分自身全くうろたえなくなってきている。「運任せ」なんて私が一番嫌いな言葉なのに、運にばかり助けられている。不思議なものだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-22 00:46 | 最近読んだ本

出張で読んだ3冊

2日の出張で、移動も多いこともあって3冊読んだ。最近読んだ本紹介していないが、反省もこめて紹介する。

<個人情報保護法 早わかり>
BY岡伸浩


個人情報を持つ企業がいかにして訴訟や裁判から身を守るか。要するに法律を正しく理解して、情報を慎重に扱えということ。

<私の行き方考え方>
<物の見方、考え方>
BY松下幸之助

この本を読んで、親の大切さを知った。この人の本は、私のバイブルになりそう。もっと早く読んでおけばよかった。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-03-19 13:34 | 最近読んだ本

白蛇伝

白蛇伝

めちゃ面白かったです!

大人も子供もぜひ読んでみてください。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-02-20 11:17 | 最近読んだ本

がなり流/がなり説法

最近読んだ本を掲載していないのはわけがある。

アマゾンのページとともに紹介すると、アフィリエイト利用禁止ということで、ブログの管理者から削除命令および警告が飛んでくるのである。

そこで、しばらくは最近読んだ本を掲載していなかったが、文字で復帰することにする。本を読むペースは以前とそれほど変わっていない。

高橋がなりは、SODというアダルトビデオ会社の社長だ。年収も一億ある。

結局彼が行ったことは、金儲けのことばかり考えていて、だらしのないアダルトビデオ界にコンプライアンス重視、お客様第一主義をうちだし、多大な利益を生み出した、ということだろう。

商売のチャンスというものは、本当にいろいろなところにあるものだ。

本人はアダルトビデオが社会的に認められて、自分の会社のビデオをTVコマーシャルに流すのが夢らしい。

でも私は、やっぱりアダルトビデオが普通のTVで宣伝されるのはよくないと思うし、あくまで、サブカルチャーとしてではなく、アンダーグラウンドのカルチャーとして栄えるべきだと思う。

しかし売り上げ100億というのはすごいと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2005-01-10 01:56 | 最近読んだ本

電車男

電車男
中野 独人

新潮社
2004-10-22
売り上げランキング 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



面白い。しかし、出版元である新潮社が「これは事実である」というのはどうかと思う。事実であるなら、それに裏打ちされた根拠が無いといけない。

匿名性の高い掲示板の記事を記載して、それを事実だと言い切る姿勢には問題がある。

ちなみに、電車男は、なぜかその後エロ小説家となって掲示板で活躍しているようだ。

ブームになるほどではないとおもうが、話は、とても面白い。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-11-21 00:52 | 最近読んだ本

思考は現実化する

思考は現実化する
ナポレオン・ヒル

きこ書房
1999-04
売り上げランキング 4,352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


600ページにもわたり、忙しいのも重なって、かなり時間がかかった。しかし、面白い。

成功するための考え方というのを、もう少し勉強してみたい。プログラムを買うほどではないが。

成功したいあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-11-18 01:47 | 最近読んだ本

一冊の手帳で夢は必ずかなう

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿

かんき出版
2004-03-24
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


尊敬する先輩より薦められかなり前に買ったものの、人に貸したりして手元に無かったので長い間読めなかった。

何かになろうとしたいなら、そのイメージを強く持つことが大切だ。そして、そのイメージを忘れないために、手帳に記入してゆく。

私の場合、具体的に30歳までに単年で1000万円の収入がほしいと考えていた。漠然と考えていたが、それだけでも株やオークションなど、仕事以外の金儲けに対してかなり意識するようになった。ただ金がほしい、というだけの目標ではそうはならなかったかもしれない。

この経験から、目標を思い続けることは大切だということを学んだが、メモることでより高い効果が得られるかもしれない。

早速今週末夢を記すために手帳を買いに行く。

夢を持つあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-31 02:23 | 最近読んだ本

原因と結果の法則

「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン James Allen 坂本 貢一

サンマーク出版
2003-04

まず、ページを開くと一言書いてある。

「この宇宙を動かしているのは、混乱ではなく、秩序です。」

正しい理論を読みたい!と思ったので、この本を開いた。

書いてあることは皆正しい。間違いは無い。現在の状態は全て何かの原因が結果となって現れているものに過ぎない。

よい現状を作りたければ、そういう結果になるように、よい原因を作ればよい。

こういう当たり前のことを、よく人間は忘れてしまう。

どんな人にもお勧めの一冊。是非読んでほしい。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-28 01:50 | 最近読んだ本