カテゴリ:MBA準備( 63 )

日本にいったん戻る

今、飛行機の中でこれを書いている。

衛星のインターネットということで、便利な世の中になった。

12時間という長い間飛行機に乗らなくてはならないので、あまりにも暇すぎて、為替の短期売買を繰り返している・・・。こういうのって相当暇じゃないとできないし生産性があまりないのでもうしないことにしていたのだが、暇すぎるので仕方がない(寝られないし)。日本到着までいくら儲かるか楽しみだ。ちなみにこまめにロングをかけていっている、頂点を確認してある程度下がってきたらショーとポジションにしようと思う。

さて、今回のニューヨークは忙しすぎた。妻と観光の機会が内科などしょうもないことを考えていたが、まったくなかった。

学んだこと。

1)不動産はかね払ってでも仲介がよい(時間の節約)

2)家具は中古よりも新品が安い。

昨日などIKEAで6時間も妻と家具を選んでいた。妻には苦労をかけている・・・。

じゃあ、為替に戻ります。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-12 06:11 | MBA準備

NYでの家決め

NYで家を決めた。

最初は学校から徒歩圏がいいなあと感じていたのだが、結局タイムズスクエアから徒歩圏のマンションにした。マンションからエンパイアステートビルが見える上に角部屋なので窓が多く光も差し込み、よいと感じた。

昨日まで住んでいたホテルはぼろすぎて、身の危険を感じて退去することにした。

しかし、お金が返ってこない。フロントではお金に関しては旅行社に相談しろといわれ、旅行社に電話するとフロントと相談しろといわれ、らちがあかない。

ただ、旅行社にはホテル予約のコミッションとしてかなりの額を払っているので、旅行社に解決してもらいたい。経過はまた書く。

どたばたと忙しい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-08 21:42 | MBA準備

送別会+祝賀会

アメリカへ行くということで送別会+祝賀会を開いていただいた。

メンバーは妻のご両親と、義姉+義兄+しゅんきちであった。

びっくりなプレゼントまでいただいて、うなぎをたらふく食べて、その後ケーキもいただき、まさに至福の会であった。

今週はニューヨークに行って部屋を決めようと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-04 00:09 | MBA準備

上海にいるころは月大体20万円ぐらいするところにすんでいた。

24時間ドアマンがいて、プールがあって、ビリヤードがあって、卓球があって、ジムがあって、喫茶店があった。

日本に戻り、今は築30年のぼろアパートに住んでいる。
すきま風がうるさく、うるさいので窓を開けると寒すぎて寝られない。

ニューヨークに行くと、今度は月30万円ぐらいのところに住むことになる。

波が激しい。

でも、安定していいところにすむには、稼ぐしかない。

ちなみ下記は日本のアパートの部屋、散らかっている。夫婦でパソコン3台使っている・・。

b0019208_05937.jpg

[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-04 00:05 | MBA準備

家でめんどくさいので、炊いた米を炊飯器のボウルに入れたままラップをして冷蔵庫に入れていたら、妻がいつの間にかちゃんとした容器に移し替えてくれていた。

私が仕事しているときは、気づいたからといって、こんなことできたかなあ、と思う。

たぶんほうっておいたと思う。

やはり妻はすごいと思った。よく寝るけど。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-02 12:41 | MBA準備

ハーバードの面接

うーむ。

なんだかひどい面接だった。

普通面接というのは終わった後に面接官との友情のようなものが芽生えるのだが、なにもない。

電話の面接は無理がある。こりゃだめかも。

コロンビアでがんばるか。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-01 06:29 | MBA準備

いまから

ハーバードの面接。

ううむ。あまり準備をしていないというの問題なのだが、仮に受かったとしたらどうするんだろう。

早くその辺決めなくては。ネットでNYの部屋探ししている場合か。どうする。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-01 05:37 | MBA準備

歴史を読み解く

最近狂ったように歴史の本を読んでいて、大体は第二次世界大戦のあたりの世界のややこしい状況を読み解いているのだが、いまだによく理解できていないと思う。

特に日本が開戦にいたったあたりはもう少しよくいろいろな本を読まないと、因果関係がよく見えてこない。

そうやっていろいろ読んでいくと、はて天皇はどうやってできたのか、ということにも疑問がわき始めて、今古事記を読み解こうと入門書から入っている。日本書紀は長すぎるのでいったんあきらめることにする。

しかし、読めば読むほど日本の誕生は風変わりな神々が集まっている。

尻から食い物出して人に食わせようとする神がいたり(本人は相手のことを思ってやっていたのに、怒りを買って殺されたりする)、頭にムカデが巣くってたり。

結構おもしろい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-12-01 00:41 | MBA準備

実務

中国でやっていた仕事というのは、企業再生のようなもので、数十あるグループ会社が効率よく一丸となって動くには何が足りないのか、何が冗長しているのかを調査し、まとめ、冗長している部分は切り取り、足りない部分は足し、シナジーが出せるのものはグループ会社同士手を組んでいただく、というものであった。

私の仕事は、方針を練るというよりも、与えられた方針に対して時間軸を加えて、実行可能にし、実際に実行していくといういう実務であった。

実務の中で確実に学べないものがあった。それは金融の知識である。

毎日工場と切った張ったと交渉していたが、その裏ではTOPのかたがた及びスーパーコンサル軍団が金融知識に基づく判断を行っていたのである。

でかい企業を買収して、その企業を取り込むときには実務として、生産は、販売は既存のものとどう融合させるのかという実務が大量に発生するが、今度はTOPたち(及びコンサル軍団)が買収を行うまでの判断プロセスが完全に理解できるようになる必要がある。

ただ、興味の方向としては、新規事業は新規企業の立ち上げがあり、勉強は金融的な側面からその辺を集中的に行いたい。

実務では学べないところを、机で学ぼうと考えている。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-30 00:39 | MBA準備

中小企業診断士一時休止

まあ、こうなるとは思っていたのだが、連続する海外勤務(含MBA)で、中小企業診断士の更新が不可能となったため、いったん休止する。

今は休止届けで休止できるので、本当に便利だ。

一年前の制度なら、診断士の資格を剥奪されていただろうに・・・。


しかし、中国でも企業再生のような仕事をしていたが、診断士の知識は直接使うことは少なかった。パワーポイントの腕ばかりあがった。

将来について、真剣に考え抜いた上でMBAに参加したい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-29 00:42 | MBA準備