カテゴリ:MBA準備( 63 )

バーベキュー

先日、義姉夫婦とバーベキューに行った。

河原でマスを釣りながら、焼いて食うというなんとも贅沢なバーベキューである。

このバーベキューで何よりも収穫だったのは、マスの内臓除去方法を学んだことである。

なんと、マスは切らなくてもお箸だけで内臓がきれいに除去できるのである。

①まず、マスの口に箸を突っ込んでエラから出す

②エラから出した箸を腹に向けて刺す

③そのままぐりっと一回転させると、エラと内臓が口からスポーンと抜けるのである

こうやって内臓を抜いておくと、なんと家に持って帰ってから解体の必要がなく、台所も臭くならない。しかも焼いても身を切っていないので汁がもれず、とてもおいしい。

ああ、言葉では伝わらないこの方法。写真とっておけばよかった。大変便利な方法なのでみんなに知ってほしい。今度写真とったら載せます。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-09 18:12 | MBA準備

コロンビア MBA

今日は、沢山書きたい。MBAの大学に合格した。これを祝うように、一年に一度しか咲かず、しかも一晩で枯れるいといわれる月下美人が今晩咲き、サロンパスのような美しい香りを放っている。

ニューヨークにあるコロンビア大学だ。

3校アプライして、そのうちの一校が決まった。はっきり言ってかなり早い段階で決まってしまった。来月1月スタートのクラスで、卒業は今年の9月から始めた人たちと同じ時期になるという、集中コースだ。半年集中して9月開始の人に追いつき、後の一年は皆と一緒になる。

私は2008年9月までには会社に戻らなくてはならないので、選べる学校が本当に少なく、コロンビアの1月クラスははその少ない選択の中では最高レベルだと考えてよい。したがってコロンビアで決定しようと考えている。アイビーリーグの学校だし、起業関連に関しては定評がある。

ただ、私の先日提出したHBS(ハーバード)のアプリケーションがとりあえず進んでいるようなので、辞退せずにいく先を見ておこうと思う(ただしこのクラスは2009年まであるために、会社のスポンサーが取れなく、合格しても行くのは難しいと思う)。

今準備している仲間達は来年の9月開始のクラスに向けて準備している者が多いと思うので、一足お先になる。

インタビューが終わってからなかなか合格通知が出なかったのでもしかしたらダメだったのかと思ってしまったりした。この時が精神的に辛かった。妻が銭湯に行こうといっても「銭湯」→「入浴」→「ニューヨーク」→「コロンビアの結果が来ない」→「落ちたかも」→「銭湯行く気が失せた」となるほどだった。

ニューヨークにいったことが無いのだが、コロンビア大学はニューヨークのど真ん中にあって、住所もブロードウェイということで、メイクアップアーティスト修行中の妻にとってもいい場所なんではないかと思う。

合格したことも嬉しいのだが、これ以上学校に申請する必要が無いのも嬉しい。一つの学校に提出するためには山ほど資料を作成しなくてはならず、それが滑り止めの学校などだと、やる気も出なくてものすごく精神的に辛いものがある。

あと、特筆したいことは、私は予備校など一切通わなかったし、高いお金でエッセイのカウンセラーなども雇わなかった。日本の某予備校を始めこれらのビジネスの多くがいかにいんちきかということを、機会があったら又書きたい。

また、今日はバーベキューパーティもあって、楽しかった。これについては明日書きたい。

とにかくひと段落した。これで学校開始までは主夫業に専念できる。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-04 22:17 | MBA準備

料理とか家事について

今でもそう思っているのだが、家事でもっともクリエイティブなのは、やはり料理のような気がする。

最初は料理というのは、美味しくつくることが大切だと思っていた。そのうち、作りながら片付ける=手際よくする、ということも大事だということも学んだ。

しかし、今になってわかるのだが、家庭の料理はそんなに甘いものではない。

これは、レストランの料理とはわけが違い、戦略や戦術を駆使しなくてはならないのだ。

すなわち、冷蔵庫の中の物、限られた収入などから、効率的に栄養バランスの取れた味のおいしいものを作らないといけない。

限られた条件から、うまいものを作り出すのが家庭の料理なのだ。

よく、男の週末料理、とか言っていているが、そんなのレシピどおりに価格の高い材料を買って作っているんだから、うまいのは当たり前だ。奥さんも、そういうのを作って得意げになっている旦那を見たら、「あんたと違って、本当の料理は毎日が戦争なのよ」ぐらい言ってもいいと思う(喧嘩したら責任は取らない)。

毎日レシピにあわせて近所のスーパーに買い物に行くのは、金銭的な面からあまり好ましくない。限られた条件下で料理を作るというのは、今後のテーマになってくる。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-01 00:17 | MBA準備

自分の力では変えられないこと

自分の力では変えられないことの一つに、過去の出来事がある。

過去に起こったことは変えられない。

失敗をしたと解ってからいくら後悔しても取り返しはつかない。

そういう場合は、前向きに考えるのもいいのだが、一度とことん落ち込むのも悪くない。

気分が落ち込んできたら、追い討ちをかけるようにドナドナを口ずさむのも良いと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-11-01 00:05 | MBA準備

ハロウィンですか

10月も末になりますと、西洋では死者が現世に戻るということで

ハロウィンというお祭りがあるのだけれども

日本でも最近は若者がハロウィンパレードなどと称して

仮装をしてこの時期都会の町を大勢で徘徊したりする。

西洋の場合は子供がお菓子を求めて近所をうろついたりするのだけれども

日本の場合それはあまり見かけない。

西洋のお祭りは高級だと信じて疑わない若者たちは

私たちには盆踊りという伝統があるにもかかわらず

仮装行列をつくりTVに映される。

物事の理を考える修正がないから、

洋風なのが高級。カタカナなのがかっこいい。

ハロウィンやるのもいいけれど、盆踊りもやろうぜ。

法律でハロウィンパーティに参加したものは、盆踊りにも参加するよう義務付けるべきだ。

または、西洋で盆踊りを日本のハロウィンの勢力程度になるまで育てるべく特派員を派遣するべきだろう。

HEY HAPPY BON!! MEN!!

とか西洋人が話し始めたら、日本でまた盆がブームになりそう。

はー。どうにかしないと、この国民性。 戦後から変わらん気がするなあ。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-30 15:44 | MBA準備

学んだこと

先日、人生の大先輩とお食事をしたのだが、非常に勉強になることをおっしゃっていたのでここに記す。

私の人生もギャンブル的要素が多いのだが、勝つか負けるか、のような結果が極端な出来事が多すぎると人間は均衡を失って思考能力ややる気が低下するらしい。

確かに、いろいろなことにチャレンジするのはいいのだけれども、いつも0か1か、という生活をしているととても疲れてしまう。たまには平らな道を歩きましょう、ということだ。


私も、チャレンジは大事だけれども、平らな道を歩くこともまた大切、ということを心に留めて活動をしてゆきたい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-25 23:21 | MBA準備

正しさの使い方

狂気というものがどういうものかと考えると、

自分が正しいと信じて疑わない人たちというものがまず思い浮かぶ。

これによって迫害が起きて、民族浄化が起きてしまう。これらは政治的利権が絡んだ宗教によって引き起こされることが多くて、私のイメージではその中でも特にキリスト教は歴史的に殺戮と破壊を世界規模で行っている。

十字軍、魔女狩りから始まって今日のイスラエルでの戦いまで、世界規模で略奪、破壊、殺戮を行っているものはキリスト教の名の下の場合が多い印象が否めない。

しかしながら、イスラム教が危険な宗教であるというイメージが持たれやすいのは、やはり最近のテロのせいだろうと思う。

いずれにせよ、一神教の場合は他の神が存在するという思想に対する許容は少なく、許容力のなさから排他的にならざるを得ない。

この許容力のなさが争いの根源であると指摘する人は多い。私としては、キリスト教徒などが一神教として自分たちの神が唯一「正」であると認識することはかまわないのだけれども、あるものが絶対正しいと考えるときのリスクというものを同時に理解できる理性が宗教家には必要だと思う。

あるものを絶対正しいと信じようと受け入れたとき、その正しさの使い方というのも学ばなくてはならない。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-23 00:09 | MBA準備

家族いると

うーむ。MBAに関してはHP見たら何も変わっていない・・。

最近家で作業することが多い。

妻は、学校に出ているので、食事掃除洗濯をすることになる。けっこうやることはある。

昨日は、夜会合があって出かけたのだが、妻のためにカレー作っておいた。

しかしなんと妻は、鍵を忘れて、家に入れず約4時間私の帰りを待つことに。。。。。超かわいそう。そういうわけでカレーは今日に持ち越された。

家族いると、マジになる。

何もかもマジになる。

妻のことはもちろん、社会のこと、未来のこと、過去のこと、国際政治、自分の両親兄弟について真剣に考えるようになる。

家族というのは、二人だけでも立派な小さな社会だ。

だから、今まで点でしか存在しなかったさまざまな社会的な出来事=政治や経済などの社会状況などが線になって自分のところにモロにつながってくる。

そう考えると、最近浮気してた民主党の政治家(名前忘れた)とかは、まずいと思う。

家族裏切って社会裏切らないはずがない。家族よりも自分の私欲を優先する人に社会が治められるわけがない、と思うのですが。

まつりごとって、家族単位でも大事にしないといけない。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-21 12:24 | MBA準備

いじめで自殺 その他

わからん。

いじめで自殺の問題なのですが。

確かにいじめというのは、学校で行われるから学校の不注意や隠蔽体制に問題がある。これは間違いない。学校はどんなに謝罪しても謝罪しきれないと思う。

ただ、両親はどうなのだろう。子供の自殺に対して、学校ばかり批難しているのだが、親として子供のケアに落ち度はなかったのだろうか。

家族は最後の砦なので、まことに言いにくいのだが両親にも学校同様かそれ以上の責任があると思う。


あと、ここ二日風邪で死んでいて、何もする気分にならないので本を読みつくしてしまった。新たに仕入れにいかなくてはならない。予想以上に早く読み終わって今手元に読むものがない。。。。。

あと、MBAから連絡が来て、「あなたの入学審査状況を更新したのでHP見てくれ」といわれたもののHPそのものがダウンしている。 ・・・・・わけわからん。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-20 11:07 | MBA準備

なんか、ボーとしてしまった一日

風邪を引いた。

かなりひどい。動物園の動物の怨念か。エキノコックスをうつされたのかも。

今日は、サトイモのから揚げ肉みそ仕立てとオニオンスープにした。

完成品は下記のとおり。

本ではきれいに写っているのだが、私が作ると見た目が悪い。
b0019208_23444132.jpg


オニオンスープも見た目悪いなあ。
b0019208_23445389.jpg


しかし、味はよかった。

妻が帰ってくる前に作れたし、喜んでくれた。

しかし頭がボーっとする。せきもひどい。
[PR]
by dubian2.4 | 2006-10-19 23:46 | MBA準備