<   2004年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

自分を売りこむ

昨日、スタンフォード大学MBAのセミナーに行ってきた。
私のMBA参加予定は2006年ということになるので(希望的観測)、今回のセミナーは来年申請のための参考ということになる(セミナーは2005年MBA参加用)。

一通り大学の説明が終わると、卒業生の紹介が行われた。皆アメリカ人並みに英語がうまい。というか、アメリカのバックグラウンドを持つ人たちであろう。自己紹介ではコンサルや、投資銀行に勤めているとのことであった。また、自己紹介のプレゼンテーションが非常にうまい。MBAを通じて自分を売り込む訓練を受けた結果であろう。

自分を売り込む、ということは社会人生活の中でも何度も行わなくてはならない。昇格試験であったり、転職活動であったり、MBA申請であったり、いたるところにある。自分で会社を興そうものなら、銀行やエンジェル、取引先に自分を売り込んで、信用を得なくてはならない。

つい3日前、社会人生活ではじめて採用最終面談の面接官を行った。新しく作るチームで人員が必要なのでスタッフを採用しなくてはならないからだ。

中国は人材の流動性が高いので、半分が社会人、半分が新卒(他の会社でのインターンなど)、という状況であった。面接官を行うは初めてであったが非常に多くのことを学んだ。

もっとも学んだことは、面接官は退屈だ、ということだ。私は、面接官は色々な人に会えるからものすごく面白い仕事だと思っていたが、そんなことはなかった。

次から次に面接を行うのだが、皆似たようなことを言う。だから、皆同じように見えてしまう。「この人は何か違う」というのは1人か2人しかいない。自分が面接される側に回ったらそういうものなのだということをかなり意識して作戦を考えなくてはならない。

「何か違う」人は、言うことが違うというよりは、例えば文化的な背景が特殊であったり、一部で極端に高い能力を持っていたりする人である。こういうものは、長い時間をかけて培われてきたもので、面談の際の「しゃべり」ではどうにもならない部分である。ただ、自分の能力をどう表現するかによって、面接官に与える印象はかなり変わってくる。

「自分を売り込む」ことについて考えさせられたので、このブログを機会として、不特定多数に私を売り込んでみたいと思う。自分についての悪い点はいろいろあるが、あえてここは「自分を売り込むため」に自己紹介をする。

私の売り込み
・私は台湾人の母と日本人の父の間に生まれたため、日本と中華圏の文化的背景に理解がある。父の仕事の関係で小学生と中学生の9年間は中国を中心にすごした。
・私は大学をアメリカで過ごしたので、アメリカの文化的背景に理解がある。
・上記2点から、私は中国語と英語が堪能だ。英語ではTOEIC945点を取っている。中国語能力は母国語である日本語に等しい。
・国家資格である中小企業診断士の資格を持っている。仕事の激務の中で勉強時間を捻出して資格を取得した。
・日本と中国で仕事をしているため、この二国間のビジネスについて理解がある。
・社内の構造改革を担当しているため、経営に詳しい。

どうだろうか・・。MBAのスポンサーをしてくれる方がいたらご連絡ください。必ず大きなリターンを約束します。
マーケティングや経営に関する人気ブログはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-31 02:55 | 上海生活や仕事

一冊の手帳で夢は必ずかなう

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿

かんき出版
2004-03-24
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


尊敬する先輩より薦められかなり前に買ったものの、人に貸したりして手元に無かったので長い間読めなかった。

何かになろうとしたいなら、そのイメージを強く持つことが大切だ。そして、そのイメージを忘れないために、手帳に記入してゆく。

私の場合、具体的に30歳までに単年で1000万円の収入がほしいと考えていた。漠然と考えていたが、それだけでも株やオークションなど、仕事以外の金儲けに対してかなり意識するようになった。ただ金がほしい、というだけの目標ではそうはならなかったかもしれない。

この経験から、目標を思い続けることは大切だということを学んだが、メモることでより高い効果が得られるかもしれない。

早速今週末夢を記すために手帳を買いに行く。

夢を持つあなたにお勧めの一冊。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-31 02:23 | 最近読んだ本

ギャンブルで絶対に勝つ方法

上海にある闇カジノが摘発されたとのニュースがラジオで流れていた。タクシーの中で聞いた。

カジノというのは、華々しい。パチンコが分かりやすいが、輝かしいライトやでかい音楽などが道を行く人に「ちょっとよってみるか」と思わせてしまう。

しかし冷静な人間ならすぐに分かると思うが、パチンコ屋のネオン代、電気代、スタッフのバイト料なんかは、全部負けた人の金から出ているのだ。カジノの華々しさは、勝負に負けた人の怨念が作り出していると言ってもよい。

そういうわけで、きれいで派手でスタッフがかわいいようなパチンコ屋は、それだけ多くの金を客から巻き上げているのだから、勝てる見込みも少なくなると考えていいだろう。

さて、ギャンブルで絶対に勝つ方法についてだが、これは、もうすでに1000年以上も前から言われつづけている方法だ。

その方法とは単純に「胴元になる」ということである。

胴元は長い目で見て確率的にほとんどギャンブルに負けないようになっている。だから客が勝とうが負けようが、客が入りつづける限り、胴元であるカジノは儲けつづけるのだ。客として店とギャンブルをするより、店として客とギャンブルをしたほうがリスクが低い。

しかし、もっとリスクを低くする方法がある。店として客とギャンブルをするのをやめて、客同士でギャンブルさせることによって儲けるのだ。雀荘なんかがそれにあたるだろう。ちょっと分かりにくいかもしれないが、競馬や競輪も結局は場所を提供しているに過ぎない(客がどんなに勝っても、客同士の中で金が動いており、その一部を競馬場が徴収しているから)。

ビジネスの世界でも客同士を戦わせて稼ぐ「胴元」がいる。今私が仕事で関わっているコンサルやITベンダーなんかがそうであろう。

彼らは、うちの会社と一緒になって戦略を考えたり、最新の起業統合システムの導入を手伝ってくれたりするが、同じことを他の企業に対してもしている。それによってうちの会社は相対的な優位性が失われるので、またよりよいシステムを彼らから買わなくてはならない。

企業同士を戦わせて儲けてゆく「胴元」。普段お世話になっている人たちも、そんな横顔があることを忘れてはいけない。
マーケティングや経営に関する人気ブログはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-30 00:22 | 上海生活や仕事

最適な人材の配置

人事、という職種は会社の要(かなめ)であると思う。人事は経営であり、人事のよしあしが会社の将来の明暗を分けるといっていいと考えている。

ただ、日本の大企業の場合、メーカーであれば電気連合みたいなのがあって、給与体系などほとんど横並びだし、制度的にもあまり代わり映えの無いものが多いから、給与の計算など単純な人事の仕事はどんどんアウトソースを利用していいと思う。

その一方で、人材の配置など、戦略性の高い仕事はやはり社内の人間が行うべきである。うちの会社を含めて日本の企業は「国際間の人材の配置」にまだまだ改善の余地がある。

私の叔母が、台湾でアメリカ系のコンタクトレンズの会社に勤めているが、台湾法人のTOPはシンガポール人である。叔母の同僚は台湾人でありながら、上海でその会社の総経理(支店長)をしている。

アメリカ資本の会社でありながら、中華圏は中華圏の者が取りまとめるのがよいという考えをその会社はもっており、いちいちアメリカ人がでしゃばらない。

前回のブログにも書いたが、私がヘッドハントのお誘いを受けた製薬会社の場合は、上海のオフィスにタイ人やベルギー人などがいるという。この人事から聞いたところによると、世界規模で最適な人材の配置を行うことをポリシーにしているらしい。

ひるがえって日本の会社はどうか。

オフィスで働いているのは基本的に日本人と中国人だけである。シンガポールから人が派遣されることも無い。私などは、中国ビジネスをやるなら台湾やシンガポールから人を集めて知恵を出し合うのがいいと思うのだが、会社はそこまで行える力量が無い。まるで国際的と呼ぶには程遠い。

なぜこのように日本の企業は、国際化が難しいのであろうか。理由は3つあると思う。

1)同じ会社とはいえ地域ごとに組織が分断化されて、横のつながりが非常に希薄なので人材交流ができないため(例えばシンガポールを統括する部門と、中国を統括する部門は、まったくの別組織である)。

2)日本語が社内言語となってしまっているために、他国の人間との交流がしにくく、国際的なチームを作ることができないため。

3)海外での人材育成がうまくいっておらず、国際間の仕事を任せられる有能な外国人が少ないため。

とにかく、この問題は早く解決しなくてはいけないと思う。いつまでたっても日本主導の人材配置方法では、限界がある。特に2)と3)は制度の問題ではないため、一朝一夕では解決できない。

うちの会社もふくめて、中国に進出する日本企業は危機感をもってこの問題に対処するべきである。まずは海外での社内共通言語は英語にしていく、なんてことをしてみたらどうだろうか。きっと何かが変わるはずである。
マーケティングや経営に関する人気ブログはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-29 00:47 | 上海生活や仕事

原因と結果の法則

「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン James Allen 坂本 貢一

サンマーク出版
2003-04

まず、ページを開くと一言書いてある。

「この宇宙を動かしているのは、混乱ではなく、秩序です。」

正しい理論を読みたい!と思ったので、この本を開いた。

書いてあることは皆正しい。間違いは無い。現在の状態は全て何かの原因が結果となって現れているものに過ぎない。

よい現状を作りたければ、そういう結果になるように、よい原因を作ればよい。

こういう当たり前のことを、よく人間は忘れてしまう。

どんな人にもお勧めの一冊。是非読んでほしい。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-28 01:50 | 最近読んだ本

180日ルール

中国に出張に来る日本人には「180日ルール」がある。私のように駐在している人にはこのルールは適用されない。

そして、その180日ルールに関して、大体今ぐらいの時期になるとみんなが騒ぎはじめる。

その180日ルールとは一体何であろうか。

1年間を通じて180日以上中国に出張に来ている場合、年間の半分以上中国で働いていることになってしまうため、中国政府から税金(所得税)の徴収が来るのだ。中国の税金の高さは以前のブログでも紹介しているが、この場合、日本と中国で同時に所得税が発生してしまうので、会社としてはどうしてもそれを避けなくてはならない。

ビザの関係で、一度に中国にいられる日数は少ないのだが、なにしろみな中国に来過ぎている。

現在のプロジェクトで、日本から支援に来ている有能なIT担当者たちは、今頃の時期になると、あと20日しかない、15日しかない・・・、とひやひやしながら自分の今年の中国出張日数が180日を越えないようにスケジュールを調整しなくてはならない。

来年の1月になれば、また180日の枠ができるので、それまで大切に、大切に、中国に出張できる残りの日にちを使っていくのだ。

日本から中国に出張する回数が皆減ってくるので、必然的にTV会議が増えてくる。場合によっては中国に出張にこられないせいで、仕事が滞ってしまうこともあるかもしれない。

この180日ルール、うわさには聞いていたが、ここまでいろいろな人の仕事に影響を与えてくるとは思わなかった。

思っていた以上に、プロジェクトの大きな制約条件となってしまっていて、悩ましい。でも来年になったら、みなまた「180日解禁!」とか言ってがんがん出張に来るのかなあ・・。そして年末になるとまた・・。
人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-28 01:06 | 上海生活や仕事

平均の意味するところ

私がこんなことを言うのもおこがましいのであるが、仕事をしていて「平均」の意味が十分に理解されていないまま使われているところをよくみる。

企画や財務部門などと話をするときにも、「彼らの給料の平均は大体このくらいで、その平均と比べると彼女の給料は1000元も高い」とか、平均にまつわるデータを中心に話が進められる。

簡単な統計学をされたことのある人なら十分理解できると思うのだが、「平均」という数字は、場合によってはあてにならないことが多い。

その証拠に、学力テストなどには偏差値を用いている。平均が当てになるなら、平均点はいくらで、それに対して自分の点数がどのくらいなのかが分かればよい。

平均が当てにならないのは、平均を生み出す母集団(平均の元になる集団)がどの程度の散らばりを持っているのか考慮されていないからだ。

分かりやすい例で説明すると、今私がある科目のテストで70点取ったとする。クラスの平均は50点だとして、私がクラスの平均より20点も点数が高いからといって喜んでよいのか。

これは場合によって異なる。

例えば、10人のクラスであるテストの平均点が50点であったことを考えてみよう。

10人のクラスで全員が50点を取っていて、そのテストで70点を取っていれば、自分はかなりすごい部類に入ると判断してよいだろう。

しかし、10人のクラスで7人までが70点を取っており、2名が5点、1名が0点をとっている場合、自分がそのテストで70点を取れたことにそんなに意味があるだろうか。クラスの平均点は上記と同じ50点だ。このクラスで70点を取れるということは、点数の悪い一部の人たちの仲間入りをしなかったというだけの意味しか持たない。

このように、ほかの周りがどうなのか、ということを考えずにただ平均だけで数字を語るのはすこし乱暴な気がする。だから、標準偏差など、数字の散らばり具合を考慮する必要があるのだが、なぜか社内の多くのデータはこのことを十分考慮せず平均ばかり用いている気がする。

社内の平均信仰をどうにか食い止めたいものだ。
人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-27 01:59 | 上海生活や仕事

税金は誰が払っているか

本日給料日かと思いきや、どうも違うようだ。銀行に金が払い込まれていない。どうやら給料は毎月5日のようだ。

ただ、給料明細のようなものはもらった。上海に駐在すると、給料は日本円、中国元、アメリカドルで支払われる。給料の金額が、これらの通貨に按分されるのだ。

ところで、サラリーマンほど年金や税金をまともに払っている職種は無いと思う。自営業なんかと違い、給料から税金が天引きされるので、節税がなかなか難しい。理論的には破綻している年金なんて払いたくもないのだが、やはり給与天引きで払わされる。

こんなにまじめに税金を払っている職種なのに、世のサラリーマンは税金に対して真剣な人は少ない。自営業なんて、売り上げを上げるのと同じくらい、いかに合法に節税するかが仕事のもっとも大事な部分を占めているのに、サラリーマンは毎月自分がいくら税金を払っているか知っている人は少ないと思う。

というわけで、給料明細を見たら、なんと今月自分の支払っている税金の金額が、私の初任給よりも高い。一年間で考えると、私の入社一年目の年収に匹敵するのではないだろうか。

今月初めて給料をもらうからこうなっているのか、その辺はよく分からないのだが、とにかく異常な金額だ。来月再確認してみる。恐るべし中国だ。

この支払われている税金というのは私が上海に来る前に会社が約束してくれた年収には含まれていない。つまり会社は私に約束の年収を払うと同時に、それによって発生した税金を中国政府にも払っている。例えば会社が約束してくれた私の年収が1000円だとして、会社は私に1000円払ってくれると同時に、中国政府にそれによって発生する所得税300円を支払っている、ということだ。

この金額は恐ろしい、ということで、近くにいた日本人に「恐ろしいですね」というと、今まで気がつかなかったとのこと。そして恐るべきせりふを聞いてしまった。

「でも、会社が払ってくれているじゃないですか。」

恐るべしサラリーマン勘違い。ここは、間違ってはいけないところだ。

会社が自分のために払ってくれる金なんて基本的に一銭も無い。会社が中国政府に払ってくれている(と見せかけている)圧倒的に高い税金も、本来は自分が払っているのだ。理屈から言って、自分がその税金+自分のもらっている給料以上のものを稼いでいるから、会社はその金を払えるのだ。全部自分で稼いでいるお金なのだ。

「会社が払ってくれているから」という人は、「自分は払わずにすんでよかった」と考えているかもしれないが、もし本当にそうであったら、その人は会社にとって収入より支出が多いことになってしまう。そんな人は会社にとってお荷物であり、リストラの対象者ということになるだろう。

どんなときでも、会社が払ってくれている、などと思ってはいけない。全て自分の稼ぎの中から払われているのだ。

自分にまつわる全ての費用が自分の稼ぎの中から払われていると分かれば、無駄な出費もしたくなくなるし、仕事にも緊張感がでる。福利厚生を使ってへんな恩の着せ方をするより、自分にまつわる金は全て自分で稼いでいる、と従業員に分からせたほうが会社にとってもよいと思う。

サラリーマンも長く勤めると、コストに関する感覚が鈍ってくるのかもしれない。
人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-26 00:49 | 上海生活や仕事

結婚で気がつく日中文化の違い

日曜日、妻が上海に来てくれているということもあり、一緒に家具屋に行って必要最低限の家具を買うことにした。そのためドイツ資本の家具屋であるIKEAという店に行った。

最初はクッションやおしゃれなCDラックなんかを買おうかな、ということを話していたのだが、家具屋が広くて、食器などほかにも必要な小物をそろえていたら荷物が多くなり、歩き回るのに疲れたということもあって、大物はまた今度、ということになった。

とにかく妻と最初に決めたことは、できるだけ無駄なものは買わないように、必要最小限に買い物を抑えるように、ということである。お風呂のマットひとつでもくどくど話しながら決めていった。

家具屋はお皿やコップなど日用雑貨なんかも安価で売っており、食器の裏にはデザイナーのサインが印刷されているなど、質もよく家具屋のユニクロといった感じだ。日本ではあまり見ないが、このような店が日本でも近々現れることとと思う。ちょっとした食器っは皆様は普段どこで買っているだろうか。店の名前がぱっと思いつかないのではないだろうか。まだ、大手家具チェーンが進出していない証拠だ。

お皿を買うときに妻と二人で探していると、なんだか話がかみ合わない。私は大きいお皿ばかりを選んでいるし、なんだか妻は小さいお皿ばかり選んでいる。二人とも見ているお皿の種類がぜんぜん違う。

ここで、お互いの育ちの文化の違いが出たのだ。

私は、母が台湾人であるため、日本の文化で育ったとはいえ食卓は母が支配していた。母が一つの大皿におかず盛り付けて、一人ひとりがそこから自分の茶碗におかずを取るという方法が小さいころから行われていた。更に言えば、取り皿というものもなく、おかずは直接自分のご飯の上に乗っけていた。この場合、おかずの種類だけお皿があればよい。

一方で妻は両親とも日本の家庭で育っているので、おかずは基本的に食事開始時から個人のお皿に盛り付けられている。おかずによってはお皿を分けなくてはいけないから「人の数Xおかずの種類」だけお皿がいるのだ。

二人とも自分の環境を前提にしてお皿を買うことを考えていたので、話がかみ合わないわけだ。お皿を選んでいる途中で妻がそのことに気がついて「だからお互い見ている皿がぜんぜん違うんだ!」と私に教えてくれた。

私は生活環境の関係で、小さなころから日中文化比較を生活の中で行ってきていたが、こんな基本的なところで、さっそく文化の違いが出てきた。

よく、結婚して一緒に住んでみないとお互いの生活の違いが分からないというが、本当である。なんだか新鮮だ。

結局、おかずは一つを作って、個人個人が取り皿にとろう、という半中華方法で妻が折れてくれてそれにあわせて食器を必要最小限だけ買った。

そのほうが、お皿洗いが楽だと思いませんか?

明日は、いよいよ上海で始めての給料日だ。


人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-25 01:57 | 上海生活や仕事

人造美女

妻と上海のナイトスポットを見ようとタクシーに乗ると、前の席に宣伝がかけてあった。

上海のタクシーは大体車の中に宣伝をつけているが、普通はレストランなどの食事ものがメインである。

しかし、本日は「人造美女」の宣伝を見つけた。

「人造美女」というのは要するに整形手術をして綺麗になった人たちである。

そしてこの宣伝はなんと、実物を用いているのである。本人の了解を得てやっているとは思うが、プライバシーもあったものじゃない。

というわけで、揺れるタクシーの中写真を撮ってみました。手術前です。
b0019208_274127.jpg


どこかで見たことある顔だと思っていたら、オウム真理教の麻原彰晃の奥さん(指名手配中)に似ている・・。さらに、眉毛もつながっている。まあ、宣伝に出るぐらいなのだから、綺麗とはいいがたい。

それが人造美女手術をすると・・・。

















b0019208_292639.jpg


こんな感じに。人違いですか?

なんだか、同じ人とは思えない。
しかし、考えてみると、女性にとって美しくあることはかも大切なのだ。お金を払って、顔にメスを入れてまで美しくなりたい、と考えている人はいるのである。

私は納得いかないが、妻としては、男性がアデランスに行くようなもんじゃん、との意見である。
しかし、化粧の延長みたいなものだと思えばいいのだろうか・・・。

みんながこまごまメイクやエステをして少しでも綺麗になろうと努力している中で、この方法を使うのは、なんだかずるい気がする。100M走でみんな足で走っているのに、一人だけバイクに乗って参加しているようなものだ。

b0019208_2143450.jpg


結論: やはり女性は顔ではない。だって整形すればいくらでも綺麗になれるのだから。ブラックジャック先生もそういっていた。でもちょっとこの人の顔近くで見てみたいなあ。

ところでカメラはパナソニックのLUMIX使いました。手振れ防止機能があって、揺れるタクシーでもぶれなかったです。すごい。

人気blogランキング
[PR]
by dubian2.4 | 2004-10-24 02:19 | 上海生活や仕事