<   2004年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

買い物

4万元の買い物をしてしまった。

とりあえず2万元を支払った。

多分、生まれて初めてこんな高い買い物をしてしまっている。

しかし、やはり中国の方が日本より安いと言う理由から買ってしまった。

何を買ったかは、また機会があれば書こうと思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-30 00:22 | 上海生活や仕事

パソコン城

ちょっと前だが、パソコン城なるものに行った。

思い立ってFAXとプリンタを買おうと考えていたのだ。

中ではコピーソフトが売られまくっていたので思わずMACROMEDIAのDREAMWEAVERに手を出してしまった。日本では4万円ぐらいだが、8元(100円ぐらい)だった

買って家に帰り、パソコンに入れよう考えていた。コピーソフトの仕組みは下記のとおりだった。

・本物のソフトが入っている。
・同時にCRACKという実行ファイルがあり、これを本物のソフトが入っているフォルダ
に入れると本物のソフトのガードが解除される。

シリアルを打ち込むのでは無くて、CRACKのソフトを入れるというところが恐ろしい。

とりあえず、本物のソフトは30日間無料試用期間があるので、無料で使っている。

CRACKを使おうとも考えたが、やはり日本で本物を買おうと思う。どうもやはり良心がとがめる。コピーはよろしくない。

人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-29 09:50 | 上海生活や仕事

グループ面談

中国で最近はやりなのがグループ面談だ。

一人ずつ面談をしたら、時間がないのでグループで行う。しかしこれの日本との違いは下記のとおりだ。

グループ面接は、各グループに課題を課してそのプロジェクトを時間内にクリアできるかを見る。どんなに突出した人材がそのグループにいたとしても、基本的にグループとしてプロジェクトを成功させなければ、全員面接には不合格というやりかただ。

ある意味合理的だ。所詮仕事は個人の力ではできないことが多い。グループとしていかに力を発揮できるかが問題となる。

そうやって絞りに絞って最後までのこる1-2人を採用する。

中国の競争は熾烈だ。

人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-28 03:41 | 上海生活や仕事

餃子を食べる人事

ある会社の人事と食事をする機会があった。

どうも会社の仕事外で、社外の方に会う機会が多い。

中国では35歳が退職ラインらしい。それ以上年を取ればUP OR OUTということで、昇進できなければやめてもらうということだ。

採用で、人を雇うには面接をする代わりにみんなで餃子を食べに行く、という有名な話がある。

みんなで餃子を食べて、食べ終わったところで、
「ところで、貴方は何個餃子を食べましたか。」
と聞く。

その後に、
「他の人はそれぞれ何個食べましたか」
と聞く。

これで、自分に対する管理と、人に対する管理能力がわかるという・・・・・。

中国の競争は、思ったより厳しい。ドッグイヤーどころの騒ぎではなさそうだ。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-27 00:40 | 上海生活や仕事

クリスマス

なんとクリスマスイブだ。

これを書いている時間はクリスマス当日だ。

上海はこれはこれでにぎやかだ。

しかし、15年も前はクリスマスで騒ぐ人などいなかった(少なくとも北京にはいなかった)。

にわかに人々が「メリークリスマス!」なんていうのを見ていると、

「商業主義におどらされているなあ.....。イースターもハヌカーも祝わないくせに・・。」

とひねくれたことを考えてしまう。

しかし、よく考えると、日本もそうだ。生まれたときから、なんか日本ではクリスマスをみんな祝っているのであまり気がつかなかったが、日本人もイースターに何かするということはないし、ハヌカーなんて存在すら知らない人がほとんどだ。

しかし、やはり一人で過ごすクリスマスは寒い・・。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-25 03:13 | 上海生活や仕事

都市の変化

上海は成長都市である。

毎年、都市の形が変わる、去年なかったものが出てくる。

しかし、実は日本もスゴイ速度で変化している。

銀行の決裁がネットでできるようになった。当たらしジャンルの流行が生まれた、などなど、実は去年と今年とで全然違うものだ。

上海の場合、特に日本人が不便に感じていたことが、どんどん便利になってゆくから、皆変化を感じやすいのだろう。

変化はチャンスだ。なにか私にとっても、針の穴ぐらいのチャンスが見えるような気がする。
この針の穴のチャンスをつかめるかどうか、勝敗はここで決まると思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-24 00:32 | 上海生活や仕事

ゲンさん

日本で妻が電車で中国語のテキストを読んでいると、ある中国人のおじさんが声をかけてきた。

話を聞くと上海の人で、日本に住んでいるとのこと。ちょっとした出会いであろう。電話番号を交換した。

妻は一度しか会っていないのだが、その方が今回上海に一時的に来られるということで、夫である私に会いたいとおっしゃってくれた。

そういうわけで昨日その方にお会いした。ゲンさんという。

ご本人は会社を経営していらっしゃり、また、そのときにつれてきたご友人も会社経営者ばかりであった。みな学生時代の友人らしい。弟さんも紹介していただいた。

よいホテルの最上階でお酒を飲んで、なんだかハイソサエティの仲間入りをしたような気分だ。

そして色々会社経営、中国での経営について聞かされた。酒も飲み終わる頃には皆すっかり打ち解けていた。

なんどいう出会いだろう。不思議なものである。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-22 00:53 | 上海生活や仕事

仕事を選ばない

仕事を選ばないことは大切だ。

先日オーダー式の買い物をしようとしたら、安いものは売ってやらない、高いものは売ってやる、という態度の店があった。

3つの店を回ったら2つまでがそういう態度であった。

一つだけはどちらのオーダーもやってやる!という意気込みであったため、結局高いほうも安いほうも彼らに任せることにした。

仕事を選ぶ人たちは信用ならない。

オーダーの最中になにかむつかしいことが出てきたら、これはできないからやらない、と言い出しかねない。そういう中途半端なものは、買うだけ無駄だ。

いい店があってよかった、と思う。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-21 02:16 | 上海生活や仕事

スゴイ妻

友人が中国旅行から舞い戻ってきた。
上海に住むと、なかなかビジターが多い。
妻が、日本語教師の資格試験に合格したとの連絡を受けた。

10月のテストの際は、絶対に受からなかったーー!と嘆いたいたものの、
すごいことである。

私も以前大きなテストを受けたが、だめだと思ってうまくっていたことがあった。

合格人数が決まっているので、自分の点数が低かったとしても、他の人の点数が
もっと低ければ、合格できるのである。

テストなどの競争で、自分が苦戦している、と感じているものは、他人も苦戦して
いる。やはり、そういうことなのだと思う。この場を借りて、おめでとうございます。
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-20 00:53 | 上海生活や仕事

すごいコーヒー

すごいコーヒーがある。

それはスターバックスのコーヒーだ。

うちの会社のビルは一回にスタバがあるのだが、いつも人だかりである。私自身苦いものは嫌いなのでコーヒーはあまり飲まないのだけれども、昨日思わず買ってしまった。

コーヒーを飲んで気がついたのだが、上海のスタバの紙カップは

Printed in USA

Formed in Japan

なのである。間違いなくそう書いてある。

アメリカで印刷して、日本でコップの形にして、中国で使用している。

これはすごい。皆が中国でコストダウンと騒ぐなか、あえて紙コップ一つにこんなにコストのかかることをしてしまっている。それでもよく売れている。

品質の確保なのであろう。しかし、すごいことだ。

人気ブログランキングはこちら
[PR]
by dubian2.4 | 2004-12-18 13:28 | 上海生活や仕事